記事

これで人手不足は解消されるのか?外国人材拡大 送り出し国事情



 改正出入国管理法が成立したことで、日本は来年4月から今後5年間で、34万人余りの外国人労働者を受け入れることになる。

 政府は深刻な人手不足を理由にあげているが、果たしてこの法改正で本当に人手不足は解消されるのか。

 アジア諸国の現状を調査・研究している京都大学の安里和晃准教授は、この法律は20年前に作っておくべきだったと指摘した上で、これから日本で働こうというアジア諸国の若者たちには法律の中身が理解できないだろうと語る。制度的には「中間技能人材」となるべき人が単純労働者とみなされるなど、定義から混乱しているからだ。

 外国人労働者の受け入れについては、送り出し国の仲介業者(ブローカー)への高額な斡旋料が問題になることが多い。しかし、その事情は複雑で、国によって規制にもバラツキがある。

 人手不足が深刻な介護業界では、ベトナム、フィリピン、インドネシア、ミャンマーといった国々からの人材を期待しているが、調査を続けてきた安里氏によれば、これまでも海外に人材を送り出し外貨を稼いできたフィリンピンは自国の労働者を護るためにかなり厳しい規定があるが、新たに参入してきたベトナムなどでは、政府と一体化したブローカーが高い斡旋料を要求する場合があり、かなりの借金を背負って働きにくる若者たちが数多くいるという。

 介護職についていえば、2008年に始まった経済連携協定(EPA)に基づく公的な仕組みと、技能実習、介護留学、そして新たにできる特定技能と、いくつもの制度が混在する。わかりにくい制度は、そのまま誤解や騙し、搾取の原因となると、安里氏は危惧する。ことに、EPA以外は、市場原理に基づき斡旋料や日本語教育費用等が決まるおそれがあり、それを各国の若い人たちが自ら負担して日本に働きに来ることになるのだ。

 日本は、外国人労働者にとって働きやすい場であるかどうかも、考えなくてはならないだろう。成長するアジアには、多くの労働需要が誕生している。本当によい人材を雇用したいなら、外国人材は高いという認識も必要だと、安里氏は主張する。生産人口年齢になるまでの教育や医療等の負担はせずに労働力だけいただく、という発想は、国際社会では通用しないというのだ。

 送り出し国の事情に詳しい安里和晃氏に、ジャーナリストの迫田朋子が聞いた。

あわせて読みたい

「外国人労働者」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣がワクチンめぐるデマ流布に言及 不妊については「科学的根拠がない」

    河野太郎

    06月24日 11:12

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  4. 4

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  5. 5

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  6. 6

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  7. 7

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

  8. 8

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  9. 9

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  10. 10

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。