記事

クリスマスイブはケーキよりお寿司を

今日はクリスマスイブ。この三連休は、家族や大切な人と過ごす人も多いと思います。

子供がいれば、今日はクリスマスケーキは必須でしょうし、カップルであれば、この時期フレンチやイタリアンのレストランに出かけるのが定番です。

しかし、この時期のケーキは、大量生産され、高級レストランは混雑していて、特別メニューで価格も割高です。

だから、そんな年中行事に縛られる必要のない人は、逆張りのライフスタイルがおススメです。

例えば、クリスマスはお寿司を食べて、クリスマスが終わった年末までは、フレンチやイタリアンを食べる。

そうすれば、予約も比較的取りやすいですし、サービスも良く通常価格。お店の人からも来店が平準化するので歓迎されます。

クリスマスに限らず、例えば、土用の丑の日にうなぎを食べたり、年末に年越し蕎麦を食べるといったことは、苦手で出来れば避けたいと思っています。ピークのタイミングを外すことで、行列に並んだり、お店にすし詰めにされたり、特別価格を払ったりするストレスから解放されます。

こんな事を書くと、季節感を理解できない感性の鈍い人とか、非常識な考えといった「批判のための批判」を書いてくる私のファン(笑)がきっと出てきます。しかし、人と違うことをして、快適な生活が手に入るなら、私は季節感より快適さを優先したいのです。

そもそもクリスチャンでもない人たちまでがクリスマスを祝い、年始になると初詣に行くこと自体、何だか少し不思議です。

和食のクリスマスも、意外に悪くありません。でも、一番大切なのは、何を食べるかではなく、誰と食べるかですね。

皆さま、年末の素敵な休日を、素敵な人とお過ごしください。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計22万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年12月24日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「クリスマス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  4. 4

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  5. 5

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  6. 6

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  7. 7

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。