記事

花田家が注目を浴び続ける理由、報じる側の事情と“渡鬼化”

花田家はなぜ注目を浴び続けるのか?

 ここ最近、花田家の周辺が騒がしい。元貴乃花親方(以下・貴乃花)を中心に、その弟子たち、長男の優一、つい先日離婚した妻の景子さん、兄で元若乃花の花田虎上、その元妻の美恵子さん…花田ファミリーの名前を目にしない日はないほどだ。なぜ花田家は、これほどまでに注目を浴び続けるのか? ベテラン芸能記者の石田春男氏が分析する。

 * * *
 花田ファミリーが世間の注目を浴びるようになったのは、貴乃花の父親の代までさかのぼります。貴乃花の父・満氏は元大関の貴ノ花で、伯父の勝治氏は元横綱。角界のサラブレッドとして、相撲の世界に足を踏み入れた貴乃花は、兄の若乃花とともに、ものすごい勢いで番付を駆け上がって、兄弟での優勝決定戦も実現し、2人とも横綱にまで昇進します。その時に起きたのが“若貴フィーバー”ですが、一方で貴乃花には、当時人気絶頂だった宮沢りえとの婚約→破局という一大トピックもありました。

 そしてその後、徐々に本業以外で花田家がクローズアップされるようになります。“りえ騒動”後、貴乃花はフジテレビの人気女子アナだった景子さんと結婚、若乃花は元モデルでJALの客室乗務員だった美恵子さんと結婚。さらに、度重なるケガ、早すぎるようにも思える引退、兄弟の確執、離婚、金銭問題…考えうるあらゆるスキャンダルが若貴兄弟に降りかかります。近年、そのペースは衰えるどころかむしろペースアップ。相撲協会との悶着、弟子の暴力事件、さらに「靴職人の息子」という新たなスターまで登場しました。

 花田ファミリーがこれほどまでに注目を集める最大の理由は、日本全国津々浦々、老若男女に圧倒的な知名度があることでしょう。若い芸能人の話題であれば、お年寄りは振り向かないですし、ベテランの場合は当然その逆。その点、花田ファミリーのニュースは老若男女がわかるので、報じるマスコミとしても確実に数字(テレビでは視聴率)が望めます。

 ワイドショーの事情としては、「素材が多い」という点も大きな理由です。昨今の芸能人の話題であれば、「親しい友人が…」「SNSでは…」と、ニュースを膨らませるのに苦労しますが、花田家であれば、過去の報道や映像のストックが大量にありますし、パネルにして報じる情報もこれまた大量にあります。確実にある程度の“尺”が計算できるのも、制作側にとっては嬉しいことでしょう。

 しかし何と言っても最大の理由は、騒動で登場する人物が、キャラクターが濃い人ばかりだからでしょう。主役の兄弟2人はいずれも元横綱で、文句なしの大スター。一方の女性陣は、貴乃花の元妻の景子さん、若乃花の元妻の美恵子さん、兄弟の母親の藤田紀子さんなど、いずれも美人揃いで、さながら映画やドラマを見るようです。

 しかもネタに詰まると、消えかけた火に薪をくべるかのごとく、新たなトラブルが持ち上がるのも、注目が途切れない理由です。アスリートが現役を退けば、徐々に忘れられるのが常ですが、花田家の場合、金銭問題、不倫疑惑、離婚、相撲協会との悶着、弟子の暴力事件…もはやすべてを思い出すのが不可能なほど、次々と新ネタが登場。しかも、“謎の整体師”、母の紀子さん、紀子さんと熱愛報道のあったピース綾部(祐一)、息子の優一など、ネタが尽きたかと思えば新たな“出演者”が登場し、見る側を飽きさせません。

 長寿ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)は、愛憎半ばする親族間のゴタゴタを描いて人気を集めていますが、花田家の人気は、ある意味で“リアル渡鬼”を見ているようなものなのではないでしょうか。『渡鬼』は放送が30年近く続き、出演者のうちの何人かは鬼籍に入りましたが、それでも放送は続いています。今や“リアル渡鬼”と化した花田家も“本家・渡鬼”と同様、まだまだこれからも注目され続けていくことでしょう。

あわせて読みたい

「貴乃花」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  2. 2

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  3. 3

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  4. 4

    「先の大戦時の戦術と重なり合う」 宝島社が企業広告で投げかけた日本の政策への疑問

    BLOGOS しらべる部

    05月11日 20:24

  5. 5

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

  6. 6

    東京オリンピック2021を開催するため最低限の案

    西村博之/ひろゆき

    05月11日 20:34

  7. 7

    「原稿が違う」質問と噛み合わない菅首相に野党抗議 #国会騒然 がSNSで話題に

    BLOGOS しらべる部

    05月11日 21:23

  8. 8

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  9. 9

    看護師や女子高生の盗撮を15年間続けた医師 撮りためた動画は驚愕の3.63テラバイト

    阿曽山大噴火

    05月11日 08:08

  10. 10

    現時点での民間企業テレワーク状況公表に反対。まず官公庁・大臣、そして国会議員の実情を公表すべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月12日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。