記事

日本人女性は美のためには死をも恐れないので、毒コスメを使用?

 今日は、昨日エントリーした「中国紙が分析した日本人がAV好きな理由」と同じようなパターンの記事です。

 『中国新聞網』が『日本新華僑報網』の記事を転載していたという全く同じ形態で、記事の内容もどうつっこんだら良いのかというものです(「日本华媒:日本“蛇蝎美人”为何要美不要命?」日本の蛇サソリ美人、どうして美に命をかけることができるの)。


1 記事の紹介

 何にしろ内容がわからないと話にならないので、まずは記事の紹介です。

 日本はかねてからの美容(化粧)大国で、東京の街中で妙齢の少女から熟女までが皆化粧をしている。日本人の冗談に、化粧を落とすと妻でさえ認識できなくなるというのがあるが、これからも化粧の力は明らかだ。

 最近では、行くところまで行ってしまって、多くの日本人女性が蛇の毒や蜂の毒を含んだ化粧品を使うようになっている。

 日本の女性の雑誌『Postseven』の報道によると、日本は徐々に「毒素美容」がはやり始め、「蛇の毒」や「蜂の毒」が大きい店でも売られており、中には「5毒完備」のものもある。

 モーニング娘の矢口真里と石川梨華の2人もこうした「毒素化粧品」にはまっており、自分では止めることができないそうだ。

 「毒素化粧品」は皮膚を滑らかにし、効果がでるのも速い。しかし専門家によると長期に渡る追跡調査をしないと安全性を確保できないとしている。今販売されているもの中には慢性中毒をもたらし、死亡に至らせるものもあるかもしれない。

 多くの生産メーカーは全く隠し事をしておらず、製品の上に「当該品は体に対して長期にわたり損害をもたらすので、慎重な選択を望む」と公然と印刷してある。

 しかし、理解できないのは、専門家の注意、メーカーの警告にも関わらず、こうした「毒素化粧品」は売れ続けてることだ。どうしてなのか原因を探ってみたい。

 まず、「毒素化粧品」は安い。日本の高級化粧品は値段が高く、ファンデーションは2万、マスカラが8000円といった状態だ。しかし「毒素化粧品」の原料費は安く、技術も簡単なので、価格は同類の化粧品の半分位だ。

 日本経済およそ20年程低迷を続けているが、その結果、多くの女性の財布の紐もかたくなり、価格が安く、効き目が出るのが速い「毒素化粧品」が自然ともてはやされることとなった。

 皆が選ぶから選択するという面もある。元々化粧は個性を発揮するものだが、日本では文化の影響もあり、標準化のために化粧をするという面もある。

 外国人から見て、日本の美女は皆同じ様にしか見えない。これは同じような美容(化粧)をしている結果である。そのため他人が「毒素化粧品」を使い始めると、我も我もと買い始める。

 最後に、日本人女性は小さいときから「最も美しい面が他人に示す」よう教育されている。そのためめなら、多くの女性は死をも恐れない。

 こうした教育のため日本では、小学生でさえ化粧に対する願望も持ち、最新の美容(化粧)情報を交換すること、自分の造型を永遠に美しく保つことが、日本の女性間の最大の話題となる。

 「毒素化粧品」はその不思議な効果で、急速に日本の女性に美しくなる近道を教えた。その結果、多くの日本人女性が「毒素化粧品」を選択することとなった。

 

2 毒コスメ

 ここで言われている「毒素化粧品」とはいわゆる「毒コスメ」と呼ばれるもので、韓国などからの輸入化粧品のことを指しているのかと思います。

 蛇毒には、表情筋を弛緩させる作用があり、その結果シワが改善されるなどの効果があると聞いたことがあります。

 しかし、所詮毒ですから、一時的な効果はあっても長期的に使い続けるとどうなるかについては、確かに疑問符がつく状態かと考えます。

 確かに一部の方々の間では話題になっているようですが、私は寡聞にしてこの記事にある様に大流行しているということは聞いたことがありません。

 そして昨日の記事とある意味同じ構造で、それらしい日本文化論を展開しておりますが、通常の日本人女性が肌に直接つける化粧品で安全性を重視しないとは私には考えにくいことです。

 それにこの記事を見ると日本人女性は化粧にしか興味ないようで、読み方によっては馬鹿にしているのかともとれる状態で、どうつっこんだら良いのかわかりません。

 確かに外国人向けに「変わった日本」を紹介しようという気持ちもわからないではありません。それに一部では韓流ブームの影響でこうした化粧品を使ってみようという方もいたのは確かかと思います。

 しかし、「ここまでは無いよな」というのが私の偽らざる感想で、昨日に引き続き、読んでいてあまりにいろいろ思うことがあったが故のエントリーでした。


トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  5. 5

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  6. 6

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  8. 8

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

  9. 9

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  10. 10

    NYポストのバイデン記事は陰謀か

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。