記事

ゼロカロリー系食品の懸念、人工甘味料を「肥満剤」と呼ぶ人も

【「カロリーゼロ」「糖質ゼロ」、本当のところは?】

 甘いものが大好きで、趣味はケーキの食べ歩きという会社員のA子さん(35才)。だが健康診断で「血糖値が高くなっている」と指摘されてからは、すっかり心を入れ替えて食生活を改善した。

「このまま甘党を続けていたら糖尿病になるので、気をつけるようになりました。今は健康のためゼロカロリーゼリーなど、糖質やカロリーの少ないダイエット系の食品の購入を心がけています」

 そう胸を張るが、アメリカで食生活と病気の関係性について研究する医師の大西睦子さんは、「残念ながら、それは逆効果の可能性が高い」と警鐘を鳴らす。

「ダイエット系の食品や飲料には、砂糖の代わりに人工甘味料が使われています。現在、日本で認可されている人工甘味料はサッカリン、アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムK、ネオテーム、アドバンテームの6種類。これらは、砂糖に比べてカロリーこそ少ないものの、注意すべきは、世界中の研究で人工甘味料の“副作用”が指摘されていることです」(大西さん・以下同)

 2013年、フランスで約6万6000人の女性の飲料習慣を14年間にわたって追跡調査した結果が報告された。

 調査によれば、ダイエット飲料を1週間に500ml飲む人は、普通の砂糖入り飲料を1週間に500ml飲む人に比べて、糖尿病のリスクが15%高かった。

 さらに、ダイエット飲料を週1.5リットル飲む人にいたっては、砂糖使用の飲料を週1.5リットル飲む人より、糖尿病リスクが59%増加した。

 米・テキサス大学が成人6814人を8年間にわたって追跡調査した2009年の研究でも、ダイエット系の炭酸飲料を毎日飲んだ人の36%にメタボリック症候群のリスクがあったことが報告されている。

「人工甘味料には、ホルモンに影響を及ぼして体内に脂肪をたくわえる、腸内細菌に作用して代謝異常を引き起こすなどの作用があります。また人工甘味料には砂糖の約200倍から4万倍もの甘みがあります。日本ではあまり知られていませんが、これらを定期的に摂取すると、甘みに対する味覚が鈍ってしまい、“甘み中毒”になるリスクもあります。これは麻薬や覚せい剤、アルコールなどと同じ依存症です」

 これらの人工甘味料は“糖質ゼロ”と銘打つゼリーや炭酸飲料にも含まれている。冒頭のA子さんのように、健康に気を配ってわざわざ糖質やカロリーの少ない食品や飲料を選んだはずの人が、気づかないうちに人工甘味料を大量に摂取してしまい、肥満や糖尿病になる可能性があるのだ。このため人工甘味料を「肥満剤」と呼ぶ食品業界関係者も多い。リスクはそれだけではない。

「米国国立衛生研究所により、ダイエット飲料は成人のうつ病リスクを増加させる恐れがあるとの研究結果が発表されました。さらに米・ハーバード大やコロンビア大学の研究では、人工甘味料入りの炭酸水を毎日飲むと、腎機能障害や脳卒中、心筋梗塞、血管系疾患の発症リスクが高まることもわかっています」

 脳卒中や心筋梗塞は命の危険に直結する。カロリーオフで体重を減らすつもりが、寿命を縮めるのではシャレにならない。

◆カロリーゼロのジュースが実は25kcal

 驚くべきはほかにもある。そもそも、パッケージに「ノンカロリー」や「カロリーゼロ」とうたわれていても、実際のカロリーはゼロではないことがあるのだ。消費者問題研究所代表の垣田達哉さんが指摘する。

「厚労省の栄養表示基準では、100mlに含まれるのが5kcal未満ならば、『ゼロ』と表示できます。つまり500ml入りペットボトルの場合、25kcal未満なら『ゼロkcal』と表示できる。カロリーゼロだと思って飲んだはずのダイエット飲料に、実は24.9kcal含まれていたというケースも起こり得ます」

 それだけではない。「カロリー控えめ」「低カロリー」「カロリーライト」という表示は、100mlあたり20kcal以下なら使用が認められている。

「つまり、『カロリーライト』と表示されたダイエット飲料の500ml入りペットボトルを飲んだら、実は100kcal近く摂取していたということがあるのです」(大西さん)

「糖質ゼロ」も同様に100gあたり糖質が0.5g以下、「糖質オフ」なら100gあたり2.5g以下であれば、表記することができる。さらに、「糖質」はでんぷんなど、砂糖以外も含む総称であり、「糖類」はその中の一部を指している。つまり、「糖類ゼロ」と銘打たれていても、「糖質」は含まれている可能性があるのだ。

 まさに“看板に偽りあり”のように見えるが、法律で許されているため、メーカーに責任はない。

 レストランなどで外食する際のカロリー表示はさらなる“偽り”が生じる可能性がある。一般的なカロリー表示は、文部科学省が作成する「日本食品標準成分表」(食品成分表)をもとに計算される。しかしレストランなどでは、店や作る人によって調理時に使う油の量や調味料の種類により、できあがった料理のカロリーに大きな差が生じるのが実情だ。

 よって、まさに“どんぶり勘定”でカロリーを表示する飲食店もある。2005年、大手ファミリーレストランの宅配サービスで「253kcal」と表示されたポテトフライを食事制限していた糖尿病患者が食べて、体調を崩す事故が発生した。のちに調べたところ、実際には「645kcal」であったことが判明した。垣田さんが話す。

「消費者は、安易にカロリー表示を信じるべきではありません。健康を守るためには、実際に表示されているカロリーよりも多めに見積もってメニューを選ぶ方が賢明です。また、カロリーゼロの商品でも聞き心地のいいキャッチコピーをうのみにせず、パッケージの裏側の栄養成分表示をきちんと確認して、人工甘味料やカロリーとなる成分が含まれているかを、チェックしたい。わからなければ、本当にカロリーはゼロなのかをメーカーにたずねるのが確実です」

 同時に前出の大西さんは「カロリーに固執する今の風潮にも問題がある」と指摘する。

「現代の日本人の食生活は、カロリーに振り回されすぎです。人間の体はたんぱく質や脂質からできていて、生きるためにある程度のカロリーは必要なはずです」

 過度にカロリーを悪者にするよりも、それがたんぱく質によるものなのか、脂質なのか、それとも糖質なのかに気を配るべきだろう。

※女性セブン2019年1月3・10日号

あわせて読みたい

「カロリー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋被疑者のさん付け報道に怒り

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    なぜ「上級国民」を逮捕しないか

    深澤諭史

  3. 3

    10連休混雑は? 渋滞予報士ズバリ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    池袋暴走 高齢者に甘い日本社会

    猪野 亨

  5. 5

    カレー事件 死刑囚長男の違和感

    篠田博之

  6. 6

    セブン騒動でコンビニ崩壊危機も

    大関暁夫

  7. 7

    田原総一朗氏「元号必要なのか」

    田原総一朗

  8. 8

    党首が無職 パワーワードな政党

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    堺市長辞任 追及せぬ議会の事情

    橋下徹

  10. 10

    富士通45歳リストラは少子化招く

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。