記事

アメリカの新孤立主義:トランプを罷免できるか

 トランプ政権最後の良識派、マティス国防長官が来年2月に辞任する。トランプのアメリカ第一主義、新孤立主義に対する抗議の辞任である。

 今日の世界は、パックス・アメリカーナ、つまりアメリカが覇権国である。

 ところが、トランプ大統領は、「アメリカ第一主義」を掲げ、覇権国としての役割を全うしなくなっている。国内の支持基盤への配慮を第一にし、それが外交や安全保障政策にも色濃く出てきている。

 マティス辞任の直接のきっかけとなったのはシリアからの米軍の撤退であるが、その前にもイスラエルの首都をエルサレムに移したり、イランとの核合意から離脱したりと、中東に不安定要因を増やしてきた。

 パレスチナ問題では、アメリカはもはや仲介機能を果たせなくなっている。これまでのアメリカは中東全体への目配りをしてきたが、トランプ政権にはそのような配慮はない。アメリカの関与が薄まると、ロシアやイランが中東でプレゼンスを高めることになる。

 トランプの内向き姿勢は、「新モンロー主義」と呼んでもよい。そして、アメリカが世界から「撤退」して生まれた真空地帯(power vacuum)を埋めようとしているのが、中国であり、ロシアである。

 トランプ政権は、オバマ前政権に比べてロシアとの関係が深く、EUの強硬姿勢とは距離をとっている。この点でも、マティスはトランプに不信感を抱いていた。

 2016年の大統領選挙でロシアがトランプを勝たせるため介入したのではないかという疑惑をめぐって、捜査が進んでいるのは周知の事実である。

 トランプから権力を奪うことはできないのか。

 アメリカ憲法第2条4節では、「大統領、副大統領、およびすべての合衆国の文官は、反逆罪、収賄罪またはその他の重罪および軽罪について弾劾され、かつ、有罪判決を受けたときは、罷免される」と定めている。今のトランプが弾劾に値すると言い切ることはできないが、第三次世界大戦の勃発を避けるためには罷免という選択肢も考えたくなる。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。