記事

親の「受験テクニック」競争やめませんか?中学受験を家族の成功体験にする「中学受験必笑法」のススメ

1/2

「第一志望に合格しなければ失敗」だとか「何が何でも偏差値60以上の学校に合格できなければ中学受験をした意味がない」だとか考えると、中学受験は家族にとっての苦行になってしまいます。それでも結果が良ければいいですが、そうでなければ悲劇です。

実際、中学受験で最終的に第一志望に合格できる子供の割合は3割にも満たないといわれます。それを「勝ち負け」で表したらあまりに分が悪い戦いです。

悲劇を避けるため、巷には「親のための中学受験テクニック」があふれています。各教科の基本的な勉強法はもちろん、学習計画の立て方から効果的なテストの解き直し、夏休み期間中の勉強の仕方、入試直前期における弱点補強の方法、そして塾に入る前の準備の方法まで、きりがありません。

巷にあふれる「親のための中学受験勉強テクニック」には、子供の性格や家庭事情によって「合う・合わない」があるはずです。ぴったり「合う」方法が見つかれば、うたい文句通り偏差値が上がるでしょう。でも、書店の中学受験の棚に所狭しと並べられた「テクニック本」の数々を前にすると、そのなかからわが家に合った方法を見つけ出すのは至難の業のように思えてしまいます。

いろいろ試してみるといっても、振り回される子供はたまったものではありません。あまたある方法を片っ端から試してみたところで確率的には「合わない」ほうが多いわけですから、トータルでの効果はマイナスになるでしょう。

親自身が「受験テクニック」を研究することは悪いことではありません。しかしそのせいで親自身が「中学受験生の親としての失敗」を恐れるようになると、親自身の気持ちが減点主義になり、子供のできないところばかりに目が向くようになります。親が子供のできないところばかりに意識を向けると、子供はますます「自分はできない子なんだ」と思い込み、成績も上がりません。

これでは、親が「受験テクニック」で武装するメリットとデメリットのどちらが大きいかわかりません。親の「受験テクニック」競争、いい加減やめませんか?

中学受験の「合格」は常に相対的なものです。Aという中学受験塾が生徒たちに101やらせていていたら、Bという塾は102やらせるようになります。それでB塾が合格実績を伸ばすと、今度はA塾が103やらせるようになります。実際に複数の中学受験塾が過去数十年間にわたってこうして競い合ってきました。年を追うごとに、中学受験勉強は過当競争になっていくのです。

すでに過当競争になっているにもかかわらず、さらに「こうすると偏差値が上がりますよ!」と「受験テクニック」の必要性をあおれば、結局は間接的に子供たちの負荷を増やしてしまいます。

「いい大学」を目指したいだけなら中学受験は不要

この際限なくレベルが上がっていく競争のなかに子供を放り込んでいいものかどうか、親は一度冷静に考える必要があります。過当競争からはあえて距離を置き、「わが子が100がんばればそれで良し」とする中学受験があってもいいはずです。

そこで提唱したいのが、拙著のタイトルでもある「中学受験必笑法」。ちょっとしたコツだけを理解すればどんな中学受験家庭でも使える、必ず笑顔で中学受験を終えられる方法です。「何が何でも第一志望に合格する」ことを目指すのではなく、「どんな結果であれ、何が何でも中学受験を家族にとっての成功体験にする」のが中学受験の親のいちばんの責任だと考えます。

首都圏模試センターによれば、2018年の首都圏における中学受験者総数に対する募集定員総数の割合は107%。つまり理論上、どこかには必ず入れる。それなのに中学受験に過酷なイメージがつきまとうのは、ごく一部の超難関校合格を目指す中学受験生たちが、文字通り1点2点を争うデッドヒートを繰り広げているシーンに注目が集まりやすいからです。

しかし人生に勝ち負けなんてないように、中学受験にだって勝ち負けなんてありません。スポーツに例えてもいいでしょう。一生懸命練習して、試合でも力を出し切ることができれば、たとえ優勝は逃したとしても、自分の頑張りを誇りに感じることができます。「自分を褒めてあげたい」と思えます。同様に、終わったときに「やりきった」「成長できた」と思って家族で笑顔になれるなら、そして合格した学校に堂々と通えるなら、その中学受験は大成功だといえます。

実際、私はこれまでたくさんの学校を取材してきました。その経験から断言できます。偏差値が5や10違ったって、長い歴史のなかで生き残ってきた私立の学校は、総じてどこの学校も恵まれた環境であり、いい学校です。

「これからはグローバル。世界のどこへ行っても通用する人間にならなければいけない」と言われているにもかかわらず、狭い日本の一部地域に密集する中高一貫校のなかで「こっちの学校はいいけれど、この学校じゃ人生のお先真っ暗」だなんて言っているようでは、それこそ先が思いやられるというものです。

大学進学実績が良くて偏差値も高い学校には、本当にいい学校が多いのは間違いありません。しかし、大学進学実績や偏差値だけで学校を選ぶことは、年収や肩書きだけで人間を評価するようなもの。浅はかです。

そのような考え方では、もっと大学進学実績が良くてもっと偏差値が高い学校があったら、常に「自分は負けている」と感じることになるでしょう。常に他人と比較することでしか自分を評価できず、いつまでたっても一人の自立した人間にはなれません。教育効果としては最悪です。

さらに言うならば、もし“いい大学”に行くことが至上目標であるのなら、いっそのこと学校なんて最初から通わず、大学受験対策に特化した塾や予備校に通い詰めたほうが効率がいいでしょう。そこで中高6年間、毎日入試対策ばかりしていれば、大抵の大学には合格できるはずです。

しかしそんなことをして何の意味があるのでしょうか。そう考えてみると、“いい大学”への進学を目的として中学受験をすることや学校を選ぶことが、いかにナンセンスであるかがわかるのではないでしょうか。

ましてや親の見栄のために、偏差値の高い学校に子供を通わせようとすることなど愚の骨頂。子供は親の成果物ではありません。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  2. 2

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  5. 5

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  6. 6

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  7. 7

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  8. 8

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  9. 9

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  10. 10

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。