記事

フジらしさ復活? BIG3ならぬ「スモール3」は久々ヒット企画か

【フジらしさ復活?『出川と爆問田中と岡村のスモール3』(公式HPより)】

 低迷が続いているフジテレビに復活の兆し? 22日に放送される、出川哲朗、田中裕二、岡村隆史が出演する特別バラエティーへの期待が高まっている。「フジらしい」という声もあるこの番組への見どころと、フジのバラエティーの最近の“変化”についてコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 番組のプレスリリースが各社に送られたとき、記者たちの間で「これはひさびさの大型特番だな」「フジテレビらしい企画が帰ってきた」という声が飛び交いました。

 22日に放送される『出川と爆問田中と岡村のスモール3』(フジテレビ系)は、「身長160cm以下のアラフィフ」という共通点を持つ出川哲朗さん、田中裕二さん、岡村隆史さんによるロケバラエティー。

「スモール3」というコンセプトは、かつて一世を風靡したビートたけしさん、タモリさん、明石家さんまさんの「BIG3」に対するものであり、フジテレビにとってはセルフパロディ。テレビの全盛期と言われる時期に相応しい大物3人で結成した「BIG3」に対して、テレビの低迷期と言われる時期に相応しい小さな3人で結成した「スモール3」という設定に脱力感を誘われます。

 言わば自虐的な意味合いもあるのですが、それでも「面白ければOK」というスタンスがいかにも往時のフジテレビバラエティー。その内容を見ても、かつての「楽しくなければテレビじゃない」を思わせるハジけたものが目立ちます。

◆人気絶頂の出川、新番組で勢いに乗る岡村

 3人はまずこれまでの人生を振り返り、後悔が残ること、未体験なことなどの「今、やっておかないと気が済まないこと」や「今、会いたい人」についてトーク。その上で、「実現させるものを選んでロケに繰り出す」という番組構成です。

 なかでも目玉は、株式会社ZOZO代表取締役社長・前澤友作さんの自宅訪問。「建築費用100億円」と噂されるほか、着工から数年過ぎても完成していないため「千葉のサグラダ・ファミリア」の異名を持つ豪邸は、テレビ初公開であり必見です。

 さらに別の企画では、結婚相談所を訪れて大はしゃぎ。とりわけ独身の岡村さんは、実際に女性を紹介してもらうなど、レアな姿が盛りだくさんのようです。

 特筆すべきは、「2時間番組であるにも関わらず、丸々2日間のロケを行った」というロケの量。岡村さんは「ずっとカメラを回していて疲れたけど、半分以上は使われない。最近では珍しい昔ながらの“ストロングスタイル”の番組」と語っていました。

“ストロングスタイル”とはプロレスの用語で、「ショーアップされた要素を省いて、強さを追求した戦いを見せる」方針のこと。つまりこの番組は、「ショーアップするのではなく、ただただ面白さを追求してロケを続ける」ものなのでしょう。

 しかも2018年は、出川さんが『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)や『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)などで人気絶頂、岡村さんも今年の新番組『チコちゃんに叱られる!』(NHK)のヒットでノリノリ。

 スケジュールがレギュラー番組で埋め尽くされている田中さんも含めて、タイムリーで超売れっ子の3人を集めた上で、あえてストロングスタイルを仕掛けることで、「やっぱりフジテレビはこうでなくちゃ」という気持ちにさせてくれそうです。

◆「芸風、性格、事務所がバラバラ」だから面白い

 BIG3とスモール3の共通点は、「芸風、性格、事務所がバラバラ」であり、3人が会話を交わすだけでも新鮮な印象を与えられること。本人たちが「仕事の感じがしない」と言っていたように、制作サイドも組み合わせの面白さを生かすべく過剰な演出を避けています。

 また、「タモリさんが赤、たけしさんが緑、さんまさんが青」に対して、「出川さんが黄、田中さんが青、岡村さんが赤」というイメージカラーをつけた演出は、BIG3へのオマージュと言えるでしょう。

 一方、相違点は3人が醸し出すムード。BIG3は芸能界のトップ・オブ・トップゆえに独特の緊張感が魅力となっていましたが、スモール3は脱力感あふれる自虐トークで笑わせてくれます。

 結婚した出川さん、離婚と再婚をした田中さん、未婚の岡村さんというプライベートの違いや仲の良さを見ると、トークの活発度ではスモール3のほうが上回るかもしれません。共演できたうれしさや低身長のシンパシーから、少年のようなかけ合いが何度となく見られたそうです。

◆“お笑い”を追求する『土曜プレミアム』

 最後にふれておきたいのは、同番組が放送される単発特番枠『土曜プレミアム』。同枠は映画、ドラマ、バラエティ―、スポーツ、報道情報など、さまざまなジャンルの特番が放送されていますが、この1か月間の放送ラインナップを見てみると…

 11月24日が『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ2018』、12月1日が『さんま&女芸人お泊り会~人生向上の旅~』、12月8日が『中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞』、12月15日が『IPPONグランプリ』、22日が『出川と爆問田中と岡村のスモール3』と、いわゆる“お笑い”の要素が濃いバラエティーを連発。

 かつて土曜の夜に『オレたちひょうきん族』『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』『めちゃ×2イケてるッ!』らを放送してきた「バラエティーに強いフジテレビ」が帰ってきたかのようです。

 一方、他局に目を向けてみると、土曜の夜は『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)、『ジョブチューン』(TBS系)、『池上彰のニュースそうだったのか!!』(テレビ朝日系)の役に立つ系、『99人の壁』(フジテレビ系)、『世界ふしぎ発見!』(TBS系)のクイズ系が多く、純粋に笑えるバラエティーが不足気味。『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)は基本的に女性向けのバラエティーであり、男性視聴者を楽しませるものが不足しています。

 12月は一度しか放送されませんが、今秋スタートの『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(土曜20時~)も併せて、フジテレビのバラエティーに対する取り組みが変わりはじめているのは間違いないでしょう。

 その意味で「体は小さいけど笑いのスケールは大きい」「身長は変えられないけど人生は変えられる」を体現するスモール3への期待値は高く、今回の放送は特番レギュラー化に向けた試金石となりそうです。

【木村隆志】

コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

あわせて読みたい

「フジテレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  7. 7

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  8. 8

    休業要請検討 悠長な政府に呆れ

    大串博志

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。