記事

性の受け止め方、語り方 - 猪瀬優里

1/2
画像を見る「性」は身体や感情にかかわりの深い事象である。それゆえ、性にかかわる話題は、私的なものとみなされる。一方で、性・生殖関係を秩序立てるための制度として結婚があるなど、性は公的な問題でもある。

性は公的なものなので、何らかのかたちで性ある身体を持つ私たちは、つねに所属している集団から「あるべき性」をその身体、行動で実現することが求められている。そのように感じられる「空気」がある。だが、性は私的なものなので、それが具体的にどのようなものであるのかは、公的空間では正式に語られにくい。性に関する規範は明確なものではなく、暗黙のルールとして存在する。
「性」にまつわる事象は、このような曖昧で不安定な状況に置かれている。

ここでは「性」の置かれている曖昧で不安定な状況を考えるための一助として、男性の身体機能のひとつであり、とくに性的な要素を多く含む「射精」に注目してみたい。

■中学生・高校生の性意識

射精に関わる論点を引き出すため、筆者が札幌医科大学の道信良子氏とともに北海道の二都市で実施した中学生・高校生の性意識、とくに月経観と射精観に関する調査結果を参照したい。男女高校生に対する調査票調査と男女中学生・高校生に対する面接調査である。

まず、調査票調査の結果から月経観と射精観についてみてみよう。

月経、射精ともに「汚らわしい」というイメージを抱くものは男女とも少ないが、月経よりも射精を「汚らわしい」と感じる割合が高いことが注目される(表1)。男性では1割ほどが射精に「汚らわしい」というイメージを持っている。

表1 月経・射精を汚らわしいと思うかどうか(男女別)
リンク先を見る

月経や射精を「恥ずかしい」と思う人も男女とも少ないが、男性は月経について「恥ずかしい」と思う割合が7.4%なのに対し、射精については17.8%が「恥ずかしい」というイメージを持っている(表2)。射精を恥ずかしいと思う人の方が多いのである。

表2 月経・射精を恥ずかしいと思うかどうか(男女別)
リンク先を見る
 
この調査票調査では、自由記述で「自分が射精をすることについてどう思うか」を尋ねている。この設問への回答は、「気持ちいい」が51名でもっとも多い(以下延べ人数)。ただし、この中には「気持ちいけど気分が悪い」「気持ちいいけど切ない」「気持ちいいけど終わったら嫌な気分になる」と相反する気分を併記している人が8名含まれている。

「誇りに思う」「楽しい」「うれしい」といった肯定的感情が3名、「どうでもいい」「何も思わない」「特になし」「普通のこと」が45名ほどいる。このほか、「つらい」「嫌だ」「むなしい」「憂鬱になる」といった否定的感情が10名、「恥ずかしい」が9人、「わからない」「不思議に思う」という人も8名ほどいる。「男に生まれた以上仕方がない」、「正常だということをかみしめるとき」と書いている人もいた。
  
男性中学生への面接調査では、射精に対して持つイメージとして、「おなかが痛くなる」「いやなイメージ」「エロいこと」「不安」といった意見が聞かれた。総じて、これから起こる予定の自身の身体の変化に不安を感じているように見受けられた。

それに対して、ある程度、身体的変化も落ち着いてきており、性的経験も持つようになっている男性高校生への面接調査では、射精する身体への肯定的な受け止め方も聞かれた。それでも、「初めのころは悪いイメージを持っていた」とか「自分でした後には何をやってるんだろう、とは思う」「自分でした時は嬉しくない」という自慰に対する否定的な感情も聞かれた。

以上の射精観に関する調査結果をある研究会で報告した際、参加者の成人男性から、自分が中学生だったときには精通や射精に対して「不安」というイメージはなく、面白おかしくネタとして仲間同士で話していたので、違和感を持ったという意見を頂いた。

そのときは、語る相手によって語る内容も変わるのではないかと返答したのだが、おそらくどの時代・地域の少年も自分の身体の変化に対しては、多かれ少なかれ恐れや不安を抱くのではないだろうか。男性の意見が示唆している状況は、仲間集団ではその「恐れ」や「不安」は否認されていたとも解釈できる。この点も重要な論点である。

また、上記の意見では、仲間集団では、射精にについて語られる場合があることも示唆されている。このときの面接調査は教員から協力を要請してもらい、本人と保護者の同意を書面で事前に得たうえで、学校内で行われたものである。いわば公的空間における発言である。仲間集団で語られる発言とは異なってくるだろう。考えてみるに、公的空間で射精について語る機会は多くはないのではないだろうか。学校やそれ以外の公共空間で射精がいかに語られているのか、いないのかも論点になりうる。

■語られる月経と、語られない射精

月経観に関する研究では、中学生や高校生時の月経に対する考え方が、将来の出産意欲や育児態度、「女性としての自己形成」を大きく左右する、などの観点から、月経に肯定的なイメージを抱けるような月経教育の必要が提唱されていたりする。近年では、月経前後に随伴する不快な症状と対処に関する認知が高まりつつあり、この問題が語られることもあるだろう。いずれにしても月経は、女性の性を含む身体が女性にとっての日々の生活や今後の人生の見通しを考えるうえで、公的空間で語られ得る内容だということを示している。

それに対し、射精については公的な場で、将来の出産意欲や育児態度、「男性としての自己形成」や日々の生活の充実と関連づけて、公的に語られる機会は月経ほど多くない。月経に関する調査研究は、医療・保健のほか人文・社会科学の分野でも散見されるのに対し、射精や勃起など男性の性・生殖に関する調査研究は、射精障害等の治療に関する論文を除けば非常に乏しいのである。

性教協が出版している機関紙『セクシュアリティ』28号(2006年)では、「男子の性~危機からの回復へ」という特集が組まれている。この特集では、性教育において男性の性がきちんと扱われてこなかったことが指摘されている。

また、男性の育児の必要性が語られる場は増えているが、男性の出産・育児意欲・態度の育成を男性の生殖機能に結びつける動きはそれほど強くない。性と生殖の結びつきを強調しすぎることにも弊害があり、この結びつきを強くすべきと主張したいわけではないが、一般に女性の性が出産・育児などと結びつきやすいのに対して、男性の性があまり結びついていない点には留意が必要である。

先の面接調査や調査票調査では、女性には初経祝いの実施状況、男性には精通祝いの実施状況について尋ねている。初経祝いをした女性は134人中52名(38.8%)、精通祝いをした人は159人中2名(1.2%)であった。初経祝いの実施率は下がっているとみられるが、初経祝いには、出産可能な身体になったことを共同体に知らせる意味が根本にあり、その良し悪しは別として現代でもこの雰囲気は残っている。だが、生殖と関連づけられた精通に関する社会的・文化的な儀礼は見られないように思われる。

調査票調査から初経や精通を伝えた相手について尋ねた結果をみると、93.4%が初経を母親に報告している一方で、精通は84.3%が誰にも伝えていなかった。精通も月経も1割程度は友人に伝えられていたが、精通を家族に伝えているのは4名のみである。精通は少年の身体に孤独におとずれ、受容されることが多いと推測される。

このように精通が孤独に訪れる傾向が高そうなことと、射精について「汚らわしい」あるいは「恥ずかしい」と感じる人が一定の割合で存在することとは関係があるように思われる。月経研究においては、月経や出産をケガレと捉える文化があることが指摘されている。今回の調査結果から推測するに、射精にも一定の「ケガレ」意識が存在し、その「ケガレ」意識は月経に対するものよりも大きいか、少なくとも同程度のものである。射精に関する「ケガレ」観についても考察する必要がありそうである。

■「性の常識」の学び方

では、性的あるいは生殖に関する事象に対する「ケガレ」意識を含めた、性意識が形成される源泉はどこにあるのだろうか。

セクシュアル・マイノリティの自覚を持つ方々による、自身の経験とその考察が公表されることなどによって、社会における「性の常識」の存在を教えられる機会が増えてきている。これらの指摘は、社会における「性の常識」とは異なる性のとらえ方・あり方を自認したり、公表したりすることに、数々の苦痛や困難や差別が伴うことを知らせている。その人個人の性のとらえ方・あり方は、たしかにそのようなものになっているのであり、他者を傷つけたり、権利を侵害したりしないかぎりは否定・制限される筋合いのないものである。

にもかかわらず、性役割、性意識、性行動など性に関わる人のあり様は、その社会の「性の常識」の範囲内に収まるように要求される。「性の常識」との大きなズレに対しては、異質なものとして排除・差別するか、なんとか「常識」内に押し込めようと抑圧しがちである。

「セクシュアル・マイノリティの問題」として特殊化されがちなこの現象は、程度の差こそあれ(それは重大な差であるけれども)、じつはすべての人に降りかかっている問題なのではないだろうか。一見、「性の常識」の範囲内に収まっているようにみえる人々の性のあり方も、じつは自分自身の経験や身体に生じたり感じたりした「ズレ」を抑え込んだり、ごまかしたりしてきた結果なのかもしれないのである。

ここで考えたいのは、「性の常識」の学び方である。

一例をあげると、性に関する情報源の問題がある。日本性教育協会が実施した「第6回 青少年の性行動全国調査」の結果によれば、性交に関する情報源は、高校生では第一位が友人、第二位がコミックス・雑誌、第三位がポルノ雑誌・AV(アダルトビデオ)であったのに対して、避妊方法については、第一が授業や教科書、第二位が教師、第三位が友人となっている。

性交までの手順はビデオや漫画などの情報媒体を通して学び、避妊方法については学校教育で学ぶということである。この結果はちぐはぐなものを感じさせる。実際の性行動の際に、それぞれの媒体を通して学んだ情報が実践としてうまく結びつくものだろうか。

現状として、AVや性を扱ったコミックスが描く性は、「性的欲望」の喚起を主目的としており、その喚起の仕方はいわゆる「男性中心主義的」な性の捉え方が基盤にあり、そこには男女の平等や人権、あるいは安全といった観点からみて、問題のある表現が多く含まれている可能性が高い。

一方、学習指導要領での性に関する指導では、「望ましい人間関係」、「健康で安全な生活態度」、「男女相互の理解」といったことが目標とされ、「性的欲望」は適切にコントロールするべきものとして扱われる。「性的欲望」を喚起することを主眼としたAVなどの「性」のとらえ方とは異なる。

異なる媒体から伝えられる「性」に対するとらえ方の違いをどのように解釈するべきか、子どもたちは悩むかもしれない。だが、学校教育では、このような問題を丁寧に伝える場面はなかなか設けられないのが現状のように思われる。けれども、「子ども」たちは、以上のような性を取り巻く複層的な環境から、現代社会における「性」のあり様を学び、そのなかから自覚的にも無自覚的にも「自分自身の性・セクシュアリティ」を形成していく。

「性」を扱う媒体は限られており、「子ども」たちに参照される性に関する情報を与えるテレビやビデオ、コミックスや雑誌などの媒体の多くは、いわばマッチポンプ的に性的欲望をつくり出すために性を取り扱う性産業領域の影響を強く受けている。

しかし、性に関して考えなければならない問題は、性的欲望だけではない。月経や射精など性に関わる現象が自分の身体に起こったり、起こらなかったりすること、性器を含めた自分自身の身体の受け止め方、それ自体も重要な性の一部分である。自分自身の身に生じる月経や射精などの性に関わる身体的な経験、性ある自分自身の身体への見方、受け止め方は、性的欲望とは直接的には関係がない問題であるはずだが、実際には、性といえば性的欲望といった図式が伴うために、見えにくくなっているように思われる。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  2. 2

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  3. 3

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  4. 4

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  5. 5

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  6. 6

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

  7. 7

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  8. 8

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。