記事

「労働生産性」日本は47年連続でG7最下位に


 日本生産性本部は19日、OECDデータベース等をもとに毎年分析・検証を行っている『労働生産性の国際比較2018』を公表した。

 これによると、1人が1時間にどれくらいのモノやサービスを効率的に生み出すかの「労働生産性」で、日本は4733円。OECD加盟36カ国中では前年と変わらずの20位で、G7では47年連続の最下位となった。

 それでも、働き方改革による労働時間短縮の効果などで前年に比べて39円は上昇。今後、機械化やAIの活用などを進めていくと生産性の向上につながるとしている。

 『WIRED』日本版編集長の松島倫明氏は、日本ですぐに機械化・AI化が進むかには疑問を持ちつつ、「幸せとは何なのかという価値観を変えないと順位は変わってこないと思う。」と述べた。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶︎“男女平等度ランキング”でも日本はG7最下位

あわせて読みたい

「労働生産性」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  2. 2

    ミス誘ういきなりステーキの卓上

    かさこ

  3. 3

    高樹氏 田口逮捕でマスコミ批判

    BLOGOS編集部

  4. 4

    築地の次は青山霊園を移転せよ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    トランプ氏が羽田に着陸する意義

    天木直人

  6. 6

    新ふるさと納税で還元率100%も

    NEWSポストセブン

  7. 7

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  8. 8

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  9. 9

    失念で済まない山尾氏の無断渡航

    和田政宗

  10. 10

    大阪・西成に響く労働者の怒号

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。