記事

トラブル続出でも認知度No.1のPayPay、「次の100億円」はあるのか

1/2


スマホ決済サービスPayPayの「100億円還元」キャンペーンが終了した。来年3月末までの予定で12月4日に始まったばかりにも関わらず、わずか10日間で終わってしまったことも大きな話題を呼んだ

PayPayの100億円キャンペーンはわずか10日間で終了

空前の盛り上がりを見せた一方で、メンテナンスによるサービス停止やクレジットカードの不正利用などトラブルが続出し、大きくイメージダウンしたPayPay。今後の展開はどうなるのだろうか。

盛況のうちにキャンペーンは終了、トラブルも発生

PayPayの100億円キャンペーンが12月13日23時59分に終わると発表されたのは、同日の22時。この時刻にはビックカメラの店舗も閉店しており、キャンペーンの終了自体はつつがなく行われた。

キャンペーン終了後のビックカメラに掲示された案内

一方、PayPayはトラブルの多さも目立った。終了日の夕方には噂を聞きつけた客が殺到したせいか、緊急メンテナンスで1時間以上に渡ってサービスが停止。その後は他人のPayPayアカウントにクレジットカードが登録され、身に覚えのない買い物に使われたとの報告が相次ぎ、セキュリティの不備が指摘された。

問題とされたPayPayアプリのクレジットカード登録画面では、セキュリティコードの入力試行回数を制限していなかったという。つまり、セキュリティコードを総当たりで破ることもできたという状態だ。これを受け、PayPayは12月18日にはアプリを修正。12月19日のソフトバンクによる上場会見では、PayPayに共同出資する親会社の社長として宮内謙氏が謝罪する事態になった。

PayPayの不正利用問題を受け、ソフトバンクの上場会見で宮内社長が謝罪

あわせて読みたい

「PayPay」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  10. 10

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。