記事

『素顔のヴィルトゥオーソ』第3回 ヴァイオリニスト木嶋真優 - フォーサイト編集部

1/3
楽器はNPO法人 イエロー・エンジェル、宗次コレクションより特別に貸与されたAntonio Stradivari 1699 ”Walner” 撮影・青木登(以下同)

日本とヨーロッパを行き来しながらソリストとして活躍している木嶋真優さんは、次代を担う若きヴァイオリニストだ。

世界的な名教師ザハール・ブロン(1947~)に才能を見出され、14歳で渡独。現代を代表するチェリスト兼指揮者のムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(1927~2007)に引き合わされ、彼をして「世界で最も優れた若手ヴァイオリニスト」と言わしめた。

ケルン音楽大学と同大学院を首席で卒業した現在は、ソリストとしての活動に軸足を置きつつ、オーケストラとの共演や音楽祭への出演、ロストロポーヴィチ氏の教えだった楽曲のプロデュースなどを行っている。

「10年を経てようやく言われたことをやっている」

そう言って本人は笑う。

「天才少女」から挫折を乗り越え「実力派」へと脱皮した彼女の軌跡を追った。

ブロンとの出会い

話題がヴァイオリンになった途端、ガラッと表情が変わった。

兵庫県神戸市に生まれた木嶋さんがヴァイオリンを始めたのは、3歳半の時。

「ピアノニストの母が、私にも音楽に触れる機会をつくろうと思ったらしいのですが、ピアノを弾くにはまだ手が小さすぎた。それで小さいサイズのあるヴァイオリンにしたと聞いています」

習い始めて1年も経たない頃、子供向けコンクールで金賞に輝いた。しかも4、5歳と3年連続して優勝したという。

「子供の頃は、結果が出れば単純に嬉しいでしょ。それでヴァイオリンを弾くのが楽しくて楽しくて仕方がなかったのです。小学校受験をするにあたってヴァイオリンの他にピアノ、バレエ、お絵かき、塾といろいろな習い事をしていましたが、ヴァイオリンが1番好きでしたね。はじめた頃から、将来はヴァイオリニストになりたいと思っていたくらい。コンサートに行く度に、“いつか私もあの舞台に立ちたい”と思ったことを、今でもよく覚えています」

転機が訪れたのは、中学生の頃。のちに生涯の「師」と仰ぐことになるブロンと出会った。

最初のレッスンで直感

「先生は1999年から2002年まで年に3回、神奈川横浜市で子供向けのヴァイオリンセミナーを開いていました。公開レッスンをして一緒にコンサートを開くというもので、私もメンバーに選ばれたのですが、最初のレッスンの時に、“この先生についていきたい!”と直感したのです。短時間で先生の要求に応えないといけないので、即行性や対応力、物怖じしない性格が求められる。それが私のフィーリングとピタッと合った感じがしました」

さらに翌2000年9月、若手ヴァイオリニストの登竜門と言われる「ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール・ジュニア部門」で、最高位(1位なしの2位)を受賞。ブロンが拠点を置くドイツ・ケルンへの留学が決まり、木嶋さんの人生は一気に動き出す。

「ブロン先生はケルン音楽大学やロシアのノヴォシビルスク音楽院、スペインのソフィア王妃音楽大学など、ヨーロッパ各地の大学で教えていました。私は前々から先生の指導を受けるために留学したいと考えていたのですが、両親から“せめて日本で義務教育を終えてから”と反対されていました。そんな中、このコンクールで最高位をいただいたことで、先生が両親に“中学卒業を待たずに留学した方がいい”と勧めてくださり、ついに両親の許しが出たのです」

母と2人でケルンに渡り、ブロンとの“格闘”が始まった。

キラ星のごとき門下生たち

1947年、ソ連西部のウラリスク(現カザフスタンのオラル)に生まれたザハール・ブロンは、フランスのパリ音楽院、アメリカのジュリアード音楽院と並んで世界3大音楽院と評されるモスクワ音楽院などでヴァイオリンを学び、ソリストとしての地歩を固めていく。指導者としての名声を高めるようになったのは、ノヴォシビルスク音楽院で教鞭をとりはじめた1970年代後半のこと。この学び舎から多くの優秀なヴァイオリニストが育ち、いつしかブロンは“世界的な名教師”として知られるようになる。

日本にも教え子が多く、木嶋さんの他、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務めている樫本大進、2007年にチャイコフスキー国際コンクールで優勝した神尾真由子、最近では先の「ヴィエニャフスキ」を史上最年少で制した服部百音などがいる。

日本でも人気の高いロシアのワディム・レーピンも樫本と同時期の門下生で、今年6月には、レーピンが芸術監督を務める「トランス=シベリア芸術祭」の企画として70歳を迎えた師ブロンを日本に招聘し、『スーパー☆ヴァイオリニスト夢の饗宴』と題し、樫本、服部らも出演した師の記念コンサートが開催された。木嶋さんは同じタイミングで他国での演奏会があり、残念ながら参加できなかった。

ケルンでのブロンの指導はどんなものだったのか。

「凝縮された時間の中での彼だけのメソッドがあり、それがあまりにも濃厚で強烈なのです。ケルン音楽大学でプライベートレッスンを受ける生徒が私を含めて十数人いて、1人ずつレッスンを受けていくのですが、時間が決まっていないので大変でした。レッスンはロシア語で、私は当初、ロシア語もドイツ語も英語も話せなかったので、言語はまったく分かりませんでした。それでも先生のレッスンを受けると、徐々に内面をこじ開けられます。もちろん、人それぞれ性格が違うので、1回のレッスンが終わっても気持ちがオープンにならない生徒もいますが、私だけでなく、どの生徒のレッスンを見ても、必ず見違えるほどよくなっていました」

あわせて読みたい

「音楽」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  4. 4

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  5. 5

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。