記事

自分自身が年齢を重ねると、上の世代の凝り固まっている部分が見えてくる。

今年30歳になってつくづく思っていることがありまして。

それがタイトルにもあるように、自分自身が年齢を重ねてくると、少し上の世代の凝り固まっている部分が見えてくるということなんです。

これがものすごく大切な気付きだなと感じていまして。

10代〜20代の頃の自分は決して理解できなかった「おじさんたちの奇行」対して、「あー、だからなのか!」と思う機会が本当に増えました。

まるで、これまでの人生の伏線を一気に回収するような気持ちで過ごしたのが、今年1年だったなと。

30歳を過ぎてもトレンドを追い続けられるのは才能。

例えば、30歳になって気がついたことのひとつに、30歳を過ぎてもトレンドにずっと興味を持ち続けられることって、それはそれでひとつの才能であるという気付きがあります。

いま10代〜20代前半の方は当たり前のように行なっていて理解できないかもしれないですが、歳を重ねると、ただトレンドを追いかけるのでさえ辛くなってくるんです…。

だから、トレンドを追わなくなったおじさんたちは決して達観しているわけじゃない。

もちろん達観しているひともいるのだろうけれど、とりあえず達観していることにしておかないと、老いてきた自分を肯定できなくなってしまう。

そんなふうに、ある種の焦りを感じている中で、若者たちからおじさん扱いされて置き去りにされたら、それこそ自分だけがのけ者にされた気分になり、必要以上に批判し始めたくなる気持ちもめちゃくちゃよくわかります。

相手の立場を目一杯想像しながら対話することができるようになる。

このトレンドの話は、ひとつのわかりやすい例ですが、こんな気付きが最近いくつもありました。

そう考えると、歳を重ねるのも悪くないなあと思います。むしろ「楽しさ」さえ覚える。

なぜなら、様々な世代の気持ちをより深く理解し、相手の立場を目一杯想像しながら対話することができるようになるからです。

参照:これからの家族のあり方と、他者に寄り添う力の重要性。 | 隠居系男子

最後に

今回は年齢の話でしたが、年齢でこのような気付きを得たからこそ、病気や障害でも同じことが言えるのだと思いました。

僕なんかがこのブログ内で語るよりも、もっとわかりやすく語ってくれているラジオがありますので、ぜひ合わせてこちらの音声も聞いてみてもらえると嬉しいです。

「相手の立場に立って考える。」

この人生において一番大切な教えは、歳を重ねれば重ねるほど高解像度になっていくんだという気付きは、今年一番の発見だったかもしれません。

いつもこのブログを読んでくださっている若い読者の方々にとっても、何かしらの参考になれば幸いです。

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    謙虚なラグビー界 にわかを歓迎

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ホームレス拒否 人権に疎い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  3. 3

    防衛省に戦闘機調達の能力はない

    清谷信一

  4. 4

    ラグビー「にわかファン」が反響

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    岡本夏生 わいせつで芸人を提訴

    NEWSポストセブン

  6. 6

    女性キャラの献血PR 批判に雑さ

    紙屋高雪

  7. 7

    ラグビー敗退 熱はまた4年続くか

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    田中康夫氏 脱ダム批判受け反論

    田中康夫

  9. 9

    文政権 総選挙で「死に体化」か

    文春オンライン

  10. 10

    西田敏行 降板に止まぬ惜別の声

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。