記事

内閣参与が「コンビニ」に激怒した理由

1/3

今年のスモーカーズコーナーも、これが最後になった。毎年、毎年、テーマを少しずつ変えながら、タバコをテーマにエッセイを書き、そのあとで、本稿にうつるというものだ。今年も大きな反響を頂いており、読者諸賢には感謝申し上げる次第だ。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/TkKurikawa)

※本稿は、プレジデント誌の連載「リーダーの掟」に一部加筆したものです。また12月19日9時の配信時、記事の後半部分が別の記事と差し替わっていました。訂正します。

以前は、タバコが持つコミュニケーション能力を高めるという機能について話をしていた。タバコ部屋でもいいし、喫煙所でもいい。これだけ喫煙者が虐げられている状況で、喫煙者同士、話が合わないはずがない。自然と他部署や他社との垣根を超えたネットワークができあがる。喫煙時間が無駄だという経営者もいるようだが、黙々とパソコンに向かって仕事に打ち込めということなのだろうか。そんな光景は、私のような古い人間には非人間的なように思えてしまう。

そんな話をしていると、今度は、タバコが体に悪いので禁止しろという話をしてくる人たちがいた。確かに、私はタバコを(精神的にはひじょうに落ち着くが)体にいいものだと思って吸っているわけではない。しかし、タバコと同じぐらい体に悪い影響を与えているものなど、世の中にいくらでもあるだろう。そう考えて調べていくとお酒があった。

「お酒はほどほどにすればいい」というのは迷信で、少量でも体に悪いことが英国のがん研究所で発表された。各種がんとの関係も指摘されている。挙げ句に、DVや交通事故などの社会的損失もタバコの倍。これでどうして、タバコばかりが厳しい規制を受けるのか、と考えていたら、世界保健機関(WHO)をはじめとする世界的潮流は、「お酒も規制」のようだ。

タバコに腹を立てている諸君に、今一度、聞きたい。タバコだけ規制されるのは不公平だと思わないのか。そして、このままタバコとお酒を禁止してしまう社会でいいのか。私はお酒をほとんど飲まないが、それでもお酒は飲んでいいと思う。分煙をより進めるという前提で、日本は、他者に対して、寛容な国であってほしい。そんな願いを込めて、最終回に進みたいと思う。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新幹線でのパソコン作業に唖然

    常見陽平

  2. 2

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  3. 3

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  4. 4

    理不尽に米国大使を批判する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    れいわが野党共闘を変える可能性

    田中龍作

  6. 6

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  7. 7

    Netflixがもたらした画期的な点

    ヒロ

  8. 8

    オリラジ中田を起用したNHKの罪

    文春オンライン

  9. 9

    東芝子会社 約200億円の架空取引

    AbemaTIMES

  10. 10

    ヘンリー夫妻独立に国民激怒の訳

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。