記事

55億円事件よりミステリーな旅館「海喜館」 - グラビア女優・沢田夏子

2018年も、もう残りわずか…。今年は平成最後の年末です。年号が変わるのって、凄く歳を取るみたいで嫌な感じと思うのは私だけでしょうか?こんにちは〝昭和のグラビア女優〟沢田夏子です。

私にとって今年、一番たまげたニュースと言ったら、やはり!「積水ハウス55億円事件」だったかもしれません!この世の中に「地面師」なんていう古典的いかさま師を、それこそ"ママ友"にまで幅広く浸透させちゃいましたから。

BLOGOS編集部

それにしても、どうしてあの大手の「積水ハウス」が騙される事になったのだろうか?

フィリピンに逃亡していた主犯格のカミンスカス操容疑者は、ここにきてフィリピン当局に身柄を拘束されたそうですが…それにしても16人目の犯人逮捕とか…報道や記事を見ても不思議で、どうしても納得がいかない!

所有者の女将になりすました羽毛田正美(63)なんか、全く女将オーラゼロ。ハッキリ言って気の抜けたコーラみたいだったし!!しかも、気が抜けている女将。司法書士からの本人確認の質問で、干支を間違えるなんて!ヘボ役者過ぎる!他の地面師たる役者陣の芝居は、どんな舞台だったのだろうか?

私の知人の、銀座の女将なんて、正直言ってオーラの弾け方が半端ない!全身お金の匂いと、妖艶の塊のようなオーラだ!

なのに?どうして?他の業者達は怪しいと気づいて契約していないのに!何故セキスイだけ?本人確認で干支を間違えているのに、契約するセキスイ側の司法書士も、これは絶対!おかしな話でキナ臭いと思う!

私は28才の時「宅地建物取引士」の資格を取りました。当時、自営業のパン屋沿いの道路が都市計画で道路拡張工事の話があって、うちのパン屋は借地で、おまけにうちのじいちゃん!借地組合の会長でした。だから遥か昔から、地主とは超犬猿の仲だったんです。

地主にとって、まさに目の上のたんこぶだったうちは、道路拡張工事での建て替え許可を拒まれました。そうなると当然!裁判になります。で、いつか来る裁判での決戦に備える為、私は資格を取ったんです。後に、その資格のおかげで、グラビア女優をしながら「全国一頼りない専任の宅建士」として不動産業にもデビューさせてもらいました(笑)

実は、私が以前勤めていた業者でもあともう一歩で、地面師に騙される事件が勃発しました。司法書士まで全員グルでした。オリンピック前の不動産バブルとはいえ恐ろしい現実です。

「海喜館」は心霊スポットだった!?

ちょっと話がそれましたが…「積水ハウス55億円事件」に戻ります。

今回詐欺の対象になった旅館「海喜館」。JR五反田駅から徒歩5分。 しかも600坪と不動産業界にとっては、最高に美味しい土地です!

戦前は、花街として賑やかな五反田だけど、今は味気無いビルに風俗&デリヘルの街になっているって感じ。その味気無いビル街にポツンと花柳情緒を感じさせる佇まい「海喜館」がある。今は廃業しているけど、ちょい前までは、やる気のない旅館でした。

しかし、何と!私はこの旬な「海喜館」に22年前になりますが、ドラマ撮影でお邪魔してたのである!(どや顔)

思いおこせば、そのロケは超少ない制作費で、私はやたらとセリフが長い、性格が悪い課長の役でした。しかも、撮影の日数が極端に少ないためにスケジュールはガチガチだったこともあって、撮影の日は夜中にあの木々がうっそうと待ち構えている「海喜館」に着いたのです。

撮影現場の大広間に入った瞬間から「空気が重い」と感じていたけど、時間も押してるし、長セルフだし、睡魔との戦いはきついしの三重苦もあって、ぶっちゃけ撮影に集中出来ました。今思うと常日頃、低予算ロケで鍛えられていたからこそ成せる業だったかもしれません(笑)

ようやくその日のロケの終わりが見えてきた時、私は1人和式便所に行きました。ホッと、一息してから、しゃがみ込み用をたそうとしたら便器よりも白い手がスッーと、案外ゆっくりと、すり抜けて行きました。たぶん女性の手だと思います。幼い頃からこのような丑三つ時体験に出くわしていた私は「今どき、ベタなお化けだなぁ」と極度に疲れてたせいか怖さよりも感心してしまいました(笑)

話題の「海喜館」…先代からの大切な土地だからと、頑として売らないみたいだけど…実は掘ったら、魔物がたくさん「こんにちは」だったりして。もしかしたら55億円よりミステリーな「怪奇館」かもしれませんね。

沢田夏子プロフィール
元グラビアアイドル、女優
1968年10月18日、東京・東村山市出身。雑誌「GORO」(小学館)の創刊15周年を記念した「激写QUEENコンテスト」(1989年)で「激写シンデレラ」を受賞し芸能界デビュー。「GORO」を始めとした男性誌のグラビアで人気となる。その後、グラビアから女優を中心とした活動に幅を広げた。天性の明るさと、演技力で当時の多くのピンク映画系監督からも人気を集めた。

あわせて読みたい

「積水ハウス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  4. 4

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  5. 5

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  6. 6

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  7. 7

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。