記事

NZ第3四半期GDPは前期比+0.3%、5年ぶり低成長 利下げ観測強まる


[ウェリントン 20日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)統計局が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)は季節調整済みで前期比0.3%増で、5年ぶりの低い伸びだった。製造、サービス、農業のすべてのセクターで減速し、予想外に堅調だった第2・四半期の1.0%増から成長ペースが鈍化した。

ロイターがまとめたエコノミスト10人の予想0.6%増やNZ準備銀行(中銀)の予想である0.7%増を下回った。

発表を受け、中銀が来年、利下げを再開するとの観測が強まり、NZドルは5週間ぶり安値の0.6747米ドルに下落した。

GDPは前年比では2.6%増で、アナリスト予想の2.8%増を下回った。

統計局のシニアマネジャー、スーザン・ホローズ氏は「製造部門の低迷が最大の打撃となった。中でも食品製造の落ち込みが著しい」と指摘した。

1次産業の伸びは2.2%、サービス業は0.5%。製造業は1.0%のマイナス成長で、全体を圧迫した。

鉱業は12%増で、前四半期の大幅な落ち込みを一部回復した。

ニュージーランドでは、企業信頼感や住宅市場の低迷、移民の流入減少、米中貿易摩擦などにより、成長見通しに対するリスクが高まっている。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は、中銀が2019年11月に政策金利のオフィシャルキャッシュレート(OCR)を25ベーシスポイント(bp)引き下げるとの新たな予想を示した。2020年に50bpの追加利下げも見込んでおり、OCRは1.0%に低下することになる。

ANZのチーフエコノミスト、シャロン・ゾルナー氏は「下振れリスクが蓄積しているため、われわれは喜んで利下げ論に転じる」と述べた。

ANZはまた、今回のGDPを受け、2019年に経済成長率が3.4%に加速するとの中銀の見通しに対する下振れリスクが増大したと指摘した。

政策金利は2016年終盤以降過去最低の1.75%に据え置かれているが、中銀のオア総裁は、次の金利の動きは経済状況次第との見解を示している。

*内容を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  2. 2

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  3. 3

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  4. 4

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  5. 5

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  8. 8

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  9. 9

    「ウッドショックからウッドチェンジへ」林野庁の木材利用促進に違和感

    田中淳夫

    06月22日 10:21

  10. 10

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。