記事

福島県の子どもの甲状腺被ばく線量はどのくらいか? - 福島レポート

1/2

福島では、2011年から住民(原発事故当時概ね18歳以下)に対して大規模な甲状腺検査が行われています。では、その対象となっている福島の子どもたちの甲状腺は、どの程度放射線被ばくしたのでしょうか。

福島第一原発事故では、甲状腺がんのリスクとされる放射性ヨウ素を含む放射性物質が飛散しました。放射性ヨウ素は、食べ物や水、空気から体内に取り込まれます。しかし、放射性ヨウ素は半減期が8日間と短いため、内部被ばくは原発事故の直後でなければ測定することができません。

福島第一原発事故直後、県民全体の測定はできませんでした。

2011年3月24日~30日にかけて、飯舘村、川俣町、いわき市の3か所で、計1,080人の子どもの甲状腺等価線量の簡易測定が行われました。その結果、甲状腺の被ばく線量が50ミリシーベルトを超える子どもは1人もいませんでした。

放射線医学総合研究所の研究チームは、この1,080人の測定結果に、原発事故直後の大気の動きのシミュレーションをあわせて、福島の子どもの甲状腺の被ばく線量を推計しました。その結果、ほとんどの子どもは30ミリシーベルト以下だったことがわかりました。

「原子放射線の影響に関する国連科学委員会」(UNSCEAR)の2013年報告書は、福島第一原発事故後に福島に住んでいた1歳児の甲状腺被ばく線量について、15~83ミリシーベルトと推計しています。

原子力災害について考える際、多くの論文を客観的に検討したUNSCEARの報告は、信頼性の高いものと見なされます。ただし、UNSCEARの2013年報告書が検討した時点での論文の多くは、人々の避難経路や食べ物の入手経路などの実情や実測データではなく、理論的な推計値に基づくものでした。この報告から現在までに、より精密なシミュレーションや実測に基づく研究が数多く重ねられました。その結果、UNSCEAR2013年報告書の理論的な推計値は実測値に比べて過大であったとの指摘がされています。

鈴木元・国際医療福祉大学クリニック院長の研究グループは、環境省の事業として「住民の線量評価に関する包括研究」を進めています。これは、住民の避難経路や水、食料品の入手経路なども包括的に鑑みて、初期被ばく線量(半減期の短い放射性ヨウ素などによる被ばく線量)の、より実態に近い推計をするための研究です。

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サイゼ不振の原因は電子決済遅れ

    永江一石

  2. 2

    東京五輪は中止リスク抱える計画

    内田樹

  3. 3

    透析中止を提案 ある医師の独白

    BLOGOS編集部

  4. 4

    ソニーの失態はFeliCaの海外展開

    川北英隆

  5. 5

    パチンコはなぜ上場できないのか

    宇佐美典也

  6. 6

    朝日記者が森友問題巡りご飯論法

    和田政宗

  7. 7

    違法DL規制 誤解広がり見送りに

    甘利明

  8. 8

    NHK朝ドラ 診察描写に医師が感心

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    大阪W選 橋下氏が自民候補を称賛

    PRESIDENT Online

  10. 10

    韓国がすべきは日米との関係修復

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。