記事

中国に立ち向かう日米一体化のシンボル?護衛艦いずもの”空母化”構想を読み解く

1/2

 政府は18日、防衛力整備の指針となる「防衛計画の大綱」と、来年度から5年間の「中期防衛力整備計画(中期防)」を閣議決定した。予算は現行の計画から約2兆円増額され、27兆4700億円と過去最高を更新。総額を押し上げたのが、F35Bステルス戦闘機の取得費用や、"空母化"として注目される、いずも型護衛艦の改修費用だ。

 岩屋防衛大臣は「今回のいずも型護衛艦の改修は、あくまでも多用途に使うためのもの。今後ともヘリコプターの運用能力、あるいは医療機能、指揮中枢機能、人員収容機能、輸送機能等を備えた多機能の護衛艦として運用して参りたい」とした上で、「STOVL機を搭載できるということになれば、太平洋側の防空体制も強化できると考えている」「例えば、戦闘機に緊急事態が発生した時に近くに飛行場がなければ緊急着陸ができない。洋上のいずも型護衛艦に離発着ができれば、近くに飛行場が存在するのと同じ効果が得られるのではないかというふうに考えている」と説明している。

 つまり、改修が実現すれば洋上空港としての機能を持つ"空母"としての運用が可能になり、そこに搭載される予定なのが、短距離で離陸し、垂直に着陸可能(=STOVL)なF35Bということになる。

 これに対し、野党からは懸念の声が上がっている。立憲民主党の福山幹事長は「まさに空母を持てないという政府見解を覆そうとしている。専守防衛という日本の安全保障上の国是を逸脱する可能性があることについては非常に問題」と指摘。共産党の小池書記局長は「絶対に許すことができない。トランプの言いなりに最新兵器を"爆買い"するというもの」と批判している。

 "空母化"について、元海上自衛隊自衛艦隊司令官の香田洋二氏は「日本は攻撃的な空母を持てないが、敵爆撃機の攻撃から艦隊を守る"防空空母"なら認められる。現在の「いずも」をヘリ空母と捉えるなら、一時的にF35Bを搭載するいずもは防空空母だ」との見解を示している。

■「日米一体化」のシンボル。自衛隊には他にやることがあるのではないか

 東京新聞論説兼編集委員の半田滋氏は「今まで自衛隊が持っていなかった垂直離着陸のできるF35Bだけでなく、アメリカの飛行機を載せることもできる。日米一体化と米国製武器の購入のシンボルがいずもの空母化だ」と話す。

 「もともと海上自衛隊は将来的に空母を持ってもいいようにと艦艇を作ってきたし、それが最終的なゴールだということは少なくとも海上自衛隊の皆さんは全員知っていたと思う。たとえば90年代には艦橋を右舷に寄せて全通甲板を持った輸送艦『おおすみ』を作ってチャレンジをした。それがうまくいったので、今度は2000年代にいずも型よりも一回り小さい『ひゅうが』を作った。こちらは欠点がいくつか出たので、51m甲板を長くして使い勝手をよくした。

 これが『いずも』だ。乗員が甲板を歩かなくても移動できる導線も用意されているし、自らを守るミサイルを積んでいない初めての護衛艦。そういう意味で、いずも型護衛艦はアメリカをはじめ世界の空母に似た構造をしている。今の甲板はオスプレイの噴射熱には耐えられるが、F35Bは炎が下に出るので、今のままでは耐えられない。逆に言えば、その程度の補強をすればすぐにでも載せて運用することは可能だろう」。

 その上で、半田氏は、空母化の根拠となる説明に対し、次のように疑問を呈する。

 「そもそも日米での役割分担があったはず。打撃力は米軍に依存するが、それが敵の潜水艦に攻撃されては元も子もないから、自衛隊は日本周辺を守ることを精一杯やろうということだった。本来そのためにつくったのがいずも。今回の大綱では、"太平洋側からの攻撃に弱い"という趣旨のことが書かれているが、北海道の千歳、青森の三沢、そして日本海側には石川の小松、福岡の築城、宮崎の新田原、沖縄の那覇と、航空自衛隊には広い意味での防空網がすでにある。

 敵の攻撃に対して非常に脆弱な空母の方がこれよりも頼りになるという話はどこから出るのだろうか。例えばアメリカの原子力空母ロナルド・レーガンが動く時には5〜8隻の巡洋艦・駆逐艦、さらに潜水艦が護衛する。自衛隊はアメリカ軍よりも限られた資源しかないのだから、他にやることがあるのではないか」。

あわせて読みたい

「防衛大綱」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    反安倍勢力を警察が「予防拘禁」

    田中龍作

  3. 3

    トランプ氏の「不機嫌」外交術

    井戸まさえ

  4. 4

    日米蜜月にケチつける日本の新聞

    門田隆将

  5. 5

    トランプ歓迎 国民性出た千秋楽

    早川忠孝

  6. 6

    安倍首相だけがトランプ氏と緊密

    城内実

  7. 7

    安倍首相はトランプ接待の達人か

    内藤忍

  8. 8

    トランプ接待は国民に利点ない

    階猛

  9. 9

    米中の貿易戦争は日本にチャンス

    田原総一朗

  10. 10

    結婚式のスピーチ 秘訣は緊張感

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。