記事

イチロー、知られざる契約更改秘話「電通に宣伝効果を聞いて」

1/2

 1995年、1996年にパ・リーグ連覇を果たした黄金期のオリックス。当時、主力投手として優勝に貢献した野田浩司氏(50)と球団代表としてチームを見つめていた井箟重慶氏(83)が、スーパースター・イチローの年俸交渉術について語る。

――野田さんは、契約更改のときにイチロー選手の年俸などは参考にしていたんですか?

野田 彼を気にしたことはなかったですね。ちょっと次元が違うんですよね。

井箟 イチローとは1回も契約更改で揉めてないからね。イチローはいきなりみんなの前でやるわけにはいかないから、必ず下交渉はやりました。ほとんど一発勝負で、お金は揉めなかったね。

――筋が通っていれば一発OKという感じですか?

井箟 そうそう。イチローが大活躍して世間で有名になった1994年のオフに、年俸が800万円から8000万円になった。いろいろと説明して、8000万円でどうだ? と聞いたら、「わかりました。それでいいです」と。

 もちろん下交渉ですよ。その下交渉は真夜中にやりました。だって、マスコミが鵜の目鷹の目で「イチローの契約はどうなるんだ」と寮の前で張っているから、2人だけで会えないんですよ。

 だから、イチローに「一回、寮に帰って電気を消せ。寝たように見せかけろ。そうしたら記者はみんな帰る。それから俺のとこに電話してこい」と言ったの(笑)。

 それから俺の自宅に来てもらうことになったんだけど、彼は初めて来るから道がわからない。それで、夜中の1時くらいに近くまで迎えに行ったんです。

 その後がすごかった。道端で落ち合って、自宅までワンブロックぐらい歩いていたら、向こうから中年の女性が来たの。すれ違ったとたん、その女性が「あっ! イチローさんだ」と声を上げた。若い人ならわかるけど、中年の女性が夜中にすれ違っただけでわかるとは、イチローはすごいなあ、と思った(笑)。

あわせて読みたい

「イチロー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  5. 5

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  6. 6

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  7. 7

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  8. 8

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  9. 9

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  10. 10

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。