記事

米国、中米開発に数十億ドル拠出へ 移民抑制の一環


[メキシコ市 18日 ロイター] - 米国は中米の経済成長を後押しし、不法移民を抑制する計画の一環として、同地域の開発に数十億ドル規模の投資を行う。米国、メキシコ両政府が18日、明らかにした。

メキシコのロペスオブラドール大統領は、移民の北上を抑えるため、貧困に悩むメキシコ南部やホンジュラス、エルサルバドル、グアテマラの開発支援でメキシコと協力するようトランプ米大統領に働き掛けてきた。

この日発表された新たな支援の多くは民間投資によるもので、プロジェクトの実行可能性に左右される。既に決定済みのプロジェクトも含まれている。

メキシコのエブラルド外相は記者会見で、米国が中米地域の開発に58億ドルの資金拠出を約束するとともに、海外民間投資公社(OPIC)を通じたメキシコへの官民投資を48億ドル引き上げると明らかにした。OPICを通じた投資のうち20億ドルはメキシコ南部に振り向けられるという。

メキシコと米国は、メキシコを通って米国を目指す中米移民への対応を巡り協議している。米国は、難民申請の審査を行う間、移民をメキシコにとどまらせるよう求めているが、合意はまとまっていない。

メキシコ政府は在留条件を満たす移民を対象に労働ビザを発給する方針を示しており、ロペスオブラドール大統領は米国にも同様の対応を求めている。

エブラルド外相の報道官は、メキシコが向こう数日中に、移民への労働ビザ発給に関する計画を盛り込んだ移民政策の修正を発表することを目指していると述べた。

米国務省は声明で、メキシコと米国が2019年初めに産業界の会合を開き、投資機会について協議するとした。

国務省によると、この日明らかにされた投資額には、米政府が2015─18年に拠出または配分した18億ドルが含まれる。OPICの既存プロジェクトや計画段階のプロジェクトなども含まれている。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣がワクチンめぐるデマ流布に言及 不妊については「科学的根拠がない」

    河野太郎

    06月24日 11:12

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  4. 4

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  5. 5

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  6. 6

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

  7. 7

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  8. 8

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  9. 9

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  10. 10

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。