記事

「これまでの専守防衛を逸脱する疑念がぬぐいきれない」防衛大綱について玉木代表


 玉木雄一郎代表は18日、政府が閣議決定した次期防衛計画の大綱と中期防衛力整備計画について、党本部で記者団の取材に応じた。

 玉木代表は冒頭、サイバーや宇宙へのしっかりとした対応については賛成できるとした上で、「護衛艦の空母化やスタンドオフミサイル等についてはこれまでの専守防衛を逸脱する疑念がぬぐいきれない。F35の大量購入はアメリカに先に約束をして、後から追認するような防衛大綱と中期防になっているのではないか。アメリカの通商戦略の延長線上で防衛大綱と中期防が決まっているとしたら、わが国の防衛政策を非常にゆがめるものになりかねない」と強い懸念を表明した。

 また、「内容については国会で議論をしていきたい。政府に閉会中審査や予算委員会等での議論を強く求めていきたい」と述べた。

 加えて、防衛費の拡大は後々の歳出圧力が強まる可能性があり、高齢化が進む中で、果たして防衛整備が将来にわたって安定的に出来るのか問題視した。

 記者から、護衛艦いずも型の改修や運用について質問があり、玉木代表は「護衛艦いずも型は能力的に戦闘機が離発着できる攻撃型の空母となる。政府は運用について、攻撃型の空母として使わないということを担保していくのか、しっかりと説明してもらわないといけない」と答えた。

あわせて読みたい

「玉木雄一郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。