記事

COP24閉幕。先進国、途上国の一体化


 12月15日、COP24(国連気候変動総会)が閉幕しました。終盤には大揉めして、予定に1日半おくれての決着でした。今回の会議の主眼は、「パリ協定」を有効に実行するための「実施指針」を決定することですが、先進国グループと途上国グループとが利害や格差を乗り越えて、今後の環境規制には共通の思想と責任感を持って取り組むことが合意されました。いわゆる「2分論」が解消されたのは極めて珍しいことで、この総会は大きな成果を残したと言えます。

 環境政策は今世界中で、いわゆるSDG’s(「持続可能な成長戦略」)を目指していますが、そのための資金負担も先進国と途上国で協力することが必要です。また近時、Circulating Economy(「循環する経済」)という概念、即ち環境政策と経済成長は循環し助け合う=環境対策を強化すれば企業も信任が高まり、イノベーションが進み、競争力も高まる、という考えも広まってきました。
この総会では、全ての国がこれからの...環境政策について、大きなものを学びあったと思います。

総会を指揮したクリチカ議長(ポーランド環境副大臣)の力量には心からの敬意を払います。
深夜になった大会会場には深々と雪が降っていました。

(写真は総会風景、閉会後など)

あわせて読みたい

「環境問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣がワクチンめぐるデマ流布に言及 不妊については「科学的根拠がない」

    河野太郎

    06月24日 11:12

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  4. 4

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  5. 5

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  6. 6

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

  7. 7

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  8. 8

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  9. 9

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  10. 10

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。