記事

家庭用ロボットLOVOT発表、ペッパー開発者手掛ける


[東京 18日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>の人型ロボット「ペッパー」の開発に携わった林要氏が代表を務めるGROOVE X(グルーブ・エックス)は18日、家庭用ロボット「LOVOT(らぼっと)」を報道陣に公開した。抱っこやスキンシップを好み、人に癒しを与えるのが特徴。2019年秋以降に出荷を始める。

会見した林代表は「らぼっとは人との触れ合い方によって振る舞いが変化していく」と説明した。

価格は2体1セットで59万8000円、1体のみで34万9000円。このほか月額使用料が9980─3万6360円かかる。ペッパーとソニー<6758.T>の犬型ロボット「aibo(アイボ)」の本体価格19万8000円に比べると、かなり高い価格設定となっている。

林氏は「高価と思われるかもしれないが、これまでにない家族型ロボットをつくるという信念のもと、妥協せずにつくった」と説明。「本体価格は開発費すら含まないほぼ製造原価での販売となる」と語った。

GROOVE Xは林氏が2015年に創業。官民ファンドの産業革新機構(現INCJ)などから累計80億円の資金を調達、ロボット開発を続けてきた。林氏は「ペッパー生みの親」などと呼ばれていたが、ソフトバンクが異例の否定コメントを出したことで、ペッパーの「親権」をめぐる問題が表面化したことでも話題を集めた。

*写真を差し替えました。

(志田義寧)

あわせて読みたい

「Pepper」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  2. 2

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  3. 3

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  4. 4

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  5. 5

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  8. 8

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  9. 9

    「ウッドショックからウッドチェンジへ」林野庁の木材利用促進に違和感

    田中淳夫

    06月22日 10:21

  10. 10

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。