記事

入管法改正、日本の潜在成長率を中期的に下支え=中曽前日銀副総裁


[東京 18日 ロイター] - 中曽宏・大和総研理事長(前日銀副総裁)は18日、国際通貨基金(IMF)とピーターソン国際経済研究所(PIIE)が主催したセミナーに出席し、改正出入国管理法(入管法)の成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大は、日本の潜在成長率の下支えに寄与するとの見解を示した。

中曽氏は、日本のように少子高齢化の進行で人口が減少している国は、「生産性の改善が最も重要だ」と述べるとともに、「海外からの労働力に依存することは避けられない」とも語った。

そのうえで、近年の外国人労働者数の増加によって「日本はすでに、かなりの程度、海外の労働者に依存している」と指摘。改正入管法の成立(19年4月施行)に伴う外国人労働者の受け入れ拡大が「日本の潜在成長率を中期的に下支えすることになるだろう」との見解を示した。

日本は生産年齢人口の減少に伴う人手不足が問題になっているが、企業は省力化投資やサービスの見直しなどで人件費の上昇に対抗していると分析。こうした取り組みもあって近年の日本の労働生産性は上昇しているが、それに比べれば実質賃金の伸びは鈍いとし、女性や高齢者を中心とした労働参加の拡大や生産性の向上によって、日本のインフレ率が「低く保たれている」との見方を示した。

*内容を追加しました。

(伊藤純夫)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  4. 4

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  8. 8

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  9. 9

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

  10. 10

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。