記事
  • ヒロ
  • 2018年12月18日 11:26

EUは生き残れるのか?

1/2
バンクーバーには日系のNPO(非営利団体)がびっくりするほどあり、経済関係だけでも10団体を数えます。これらのうち、せめていくつかでもまとめたらどうか、という話は少なくともこの15年、消えては浮かび…を繰り返してきました。

そんな中、私が打ち出した案はジャパンクラブ構想でした。各団体はクラブメンバーでそれぞれが今まで通りの活動をするが、情報交換、外部への窓口、取りまとめをするもう一つの顔を作るというものでした。幸いにしてこの案を様々な人を交えて数年かけて実行するため形づくりを行い、私は現在、議長という名の幹事役として取りまとめに奔走しています。

それまでにあったNPOの合併構想をなぜ推し進めなかったかといえばNPOほど創設者の意図が強く残るものはなく、コストカットなどを通じて利益率向上を目指す企業の合併と違い、ポリシーの折り合いがしにくい、というのが私が結論付けた合併困難論であります。

EUをNPOと比較するのは無理があるとしても歴史と民族を乗り越える輪は縛りが緩く、かつ「可変的」である方があとあと様々なメリットはあると思います。つまり所属することに苦しみを感じないことが重要だと思うのです。ところがEUの理念は「人間の尊厳に対する敬意、自由、民主主義、平等、法の支配、マイノリティに属する権利を含む人権の尊重という価値観」という崇高なものであり、これを追求すればどこまでも縛り上げることができる危険な罠があることも事実です。

EUの歴史を見ても1951年の欧州石炭共同体に端を発し、それから「縛り」をどんどん増やし、現在の形に至っています。ところが、ご記憶にある通り、ギリシャ問題やPIIGSの問題などが生じた時、国家はバラバラなのに通貨は一つとか、国力調整機能がないなどの構造的問題を指摘され、挙句の果てにドイツを中心とする北部ヨーロッパ主導の厳格なルールの適用に対し、南部ヨーロッパ諸国との民族的、思想的相違が明白に出てしまいました。

もちろん、それでもEUに加盟したいとする国家は後を絶たないわけでたとえ苦しくてもEU加盟へのメリットは大きいと判断しているのでしょう。

あわせて読みたい

「EU」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  7. 7

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  8. 8

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  9. 9

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  10. 10

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。