記事

B・クーパー、最高のクリスマスプレゼントは「8歳の時の指揮棒」


[ロンドン 17日 ロイター] - 多くの人々がクリスマスプレゼント選びに頭を悩ませる時期となる中、世界の俳優や映画関係者らが今までもらったプレゼントの中で、記憶に残っているものについて語った。

映画「アリー/スター誕生」(日本公開12月21日)で主役レディ・ガガの相手役を務めたブラッドリー・クーパーは、8歳の時もらった指揮棒が嬉しかったと話した。

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」(同2019年3月)でメアリー・スチュアートを演じたシアーシャ・ローナンは、子供の頃に贈られたハリー・ポッター関連のプレゼントが気に入ったという。

「アメリカン・ハッスル」に出演したアレッサンドロ・ニボラは、父親から中古の掃除機をもらったことに触れ「父は何か言いたいことがあったのだと思う」と話した。

「40歳からの家族ケーカク」で倦怠期の妻を演じたレスリー・マンは、「夫は自分が行きたい場所への旅行を私に贈るのが好きだった」と明かし、「悪いプレゼントの見本みたいなもの」と述べた。

最悪のプレゼントとして靴下を挙げたのは、人気ミュージカル「ハミルトン」で脚本・作詞・作曲・主演を務めたリン・マニュエル・ミランダで、「両親に言いたい。靴下くらい自分で買える」と憤慨した。

米テレビドラマ「ザ・オフィス」や、映画「怪盗グルーの月泥棒 3D」への声の出演で知られるスティーヴ・カレルも、靴下の贈り物にはいい思い出がないようだ。「3回しか会ったことのないおばが、わたしの好みを知りもしないのに、サンタの靴下を贈ってきた。来る途中で立ち寄ったガソリンスタンドで買ったような代物だった」といい、「それでも好意でくれたのだから、とにかく感謝しないといけない」とぼやいた。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  4. 4

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  5. 5

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  7. 7

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  8. 8

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  10. 10

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。