記事

「いのちをまもり、医療をまもる」国民プロジェクト宣言!概ね賛成!

バズフィード 記事です。(「いのちをまもり、医療をまもる」国民プロジェクト宣言!)今までの記事含めて素晴らしい提言をされています。(2回4回についての記事です)

その中で
>日本の医療現場の疲弊ぶりは深刻で、疲れ果てて余裕のない医療従事者に診てもらうのでは、私たちの命も危うくなります。まずはこの現実を知ってもらおうと考えました。
この文章に思わず嬉しくなりました。本当10年近く言い続けてきたことです。そして10年たった今は医療界だけへのアプローチでは限界を感じています。(いや医療界が一番ダメかも)

第4回で出ていた5つの提言もさらにブラッシュアップされています。

「いのちをまもり、医療をまもる」国民プロジェクト5つの方策
(1)患者・家族の不安を解消する取組を最優先で実施すること
(2)医療の現場が危機である現状を国民に広く共有すること
(3)緊急時の相談電話やサイトを導入・周知・活用すること
(4)信頼できる医療情報を見やすくまとめて提供すること
(5)チーム医療を徹底し、患者・家族の相談体制を確立することーー

そして「医療危機」4つの要因として
 1 市民
 2 医師/医療提供者
 3 行政
 4 民間企業
の4つのグループに分け、原因の分析、そして取るべき行動を提案しています。

本当綺麗なまとめです。概ね同意します。

ただもちろん言いたいことは少しありますw

医療者の地域医療への考え方の問題ではいくら上層部に提案しても正直いつも跳ね返させられていました。忙しすぎるからという現実がそこにはどうしてもありますし、優先順位が低くなっていることも事実です。そう社会貢献での名誉よりも学術を選ぶアカデミーが多いのは正直どうしようもありません。

また電話相談の質の問題などはSNSのみなさんが悪しき例をあげていますし改善が必要です。また行政では利権団体である医師会、病院会等の意見を無視できません。

そして文句としてはこれが一番w できれば5としてメディアを分けて特出しして欲しかった。大野病院事件含めて今までのメディアの医療広報がどうだったのか。そしてこれからどうするか。正直医療環境改善に置いて一番効率が良くなるのは私はここだと思っています。

以下は参加者の言葉の抜粋。

宮崎延岡で実際に結果を出したこの言葉。
>吉田昌史さん(延岡市地域医療対策室総括主任)「医療の啓発の取り組みは医療資源の乏しい地方の方が市民にしろ、行政にしろ進んでいると思う。この宣言をきっかけに医療資源が充足している地域の住民や行政の皆さんも医療の問題を自分ごとと捉えてやっていただければいいかなと思う」
魂こもってます。だって今にも潰れそうだったんだから。そしてみんなが協力すればできるといういい例です。

それに比べて医師会のこの方の言葉
>城守国斗さん(日本医師会常任理事)「都会で議論しており、地方の状況と乖離はある。市民のアクションとして、今後はかかりつけ医を持つことが役立つこともあるので入れていただければ」
都会と田舎の医療は正直違うことはその通りです。でもね、延岡はすでにできたよ。
とりあえず自分たちの役割を残したい、そうかかりつけ医は大事。だけどその前段階の話、働き方改革で過労死基準以上田舎の医師は働けと言った医師会、こんな矛盾する会議に出て大丈夫?それこそ医師会のあなたたちが今の状況作たと言っても過言じゃないんだけど。

大きな組織ほど硬直します。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 なぜ休日増やすのか

    小林よしのり

  2. 2

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  3. 3

    朝日の信頼度 今年も全国紙最低

    島田範正

  4. 4

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現実見えぬ文大統領の致命的鈍さ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    大阪拳銃強奪 品川区の男を逮捕

    AbemaTIMES

  7. 7

    携帯違約金1000円に メリットは?

    S-MAX

  8. 8

    雅子さまと明暗分かれた紀子さま

    NEWSポストセブン

  9. 9

    政府は香港を守る活動に関与せよ

    やまもといちろう

  10. 10

    老後2000万円批判は大人の居直り

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。