記事

NY市場サマリー(17日)

[17日 ロイター] -

<為替> ドルが下落。前週末に付けた1年半ぶり高値から押し戻された。18日から始まる連邦公開市場委員会(FOMC)を前に警戒感が広がった。今回のFOMCでは今年4回目となる利上げが決定される見込みだが、市場では今後の利上げペースや景気認識などに注目が集まる。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.4%安の97.065。

ユーロ/ドル<EUR=>は0.4%高。一時1.1358ドルを付けた。11月のユーロ圏消費者物価指数(改定値)は前年比の伸びが1.9%と速報段階の2.0%から下方修正された。

オフショア人民元<CNH=D3>は6.8971元とほぼ横ばい。中国の習近平国家主席は18日、改革開放40周年を記念して演説を行う。

ドル/円<JPY=>は1週間ぶりの安値を付け、0.6%安の112.94円で推移。

<債券> 国債価格が上昇。18─19日のFOMCを前に、株式相場が軟調となり低リスクとされる国債に需要が集まった。

10年債<US10YT=RR>利回りは2.859%。10月9日に付けた7年ぶり高水準(3.261%)から低下。

不安定な株式市場や世界成長鈍化に伴い、連邦準備理事会(FRB)が引き締めサイクルを休止する必要があるとの憶測も広がる。

今週の利上げはほぼ確実視されているが、FRBが示す見通しや来年の利上げ回数見込みに投資家の注目が集まりそうだ。

2年物と10年物の利回り格差<US2US10=TWEB>は直近で16ベーシスポイント(bp)。今月に入り、金融危機以来初めて10bpを下回っていた。

<株式> 主要3指数がいずれも2%超下落し、S&P500は終値ベースで1年2カ月ぶりの安値となった。18─19日のFOMCを控え、景気減速を巡る懸念が広がった。

S&P500は2月に付けた安値水準を割り込み、17年10月以来の安値。小型株を中心に構成するラッセル2000指数<.RUT>は8月31日に付けた終値ベースの高値から20%超下落し、弱気相場入りした。

英オンラインファッション小売りのASOS(エイソス)<ASOS.L>が利益見通しを引き下げたことを受けて個人消費減速への懸念が広がったほか、全米住宅建設業者協会(NAHB)が公表した12月のNAHB/ウエルズ・ファーゴ住宅建設業者指数が3年半ぶりの低水準となった。

S&P500は午前中に一時、プラス圏で推移する場面もあったが、米ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高経営責任者(CEO)が米株式は弱気相場に入ったと述べたことを受けて再び下げに転じた。

消費者心理の冷え込みへの懸念からS&P一般消費財指数<.SPLRCD>は2.8%下落。アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は4.5%安となった。小売株も全体的に売られ、S&P小売指数<.SPXRT>は3.4%下落した。

<金先物> ドル安・ユーロ高の進行に伴う割安感から買われ、3営業日ぶりに反発。中心限月2月物の清算値は前週末比10.40ドル(0.84%)高の1オンス=1251.80ドル。

この日の外国為替市場ではドル安・ユーロ高が進行し、ドル建てで取引される金などの商品は割安感から買われた。また、欧米の主要株価が全面安となり、投資家のリスク回避姿勢が強まる中、安全資産として金を買う動きも見られた。

<米原油先物> 世界的な景気先行き不安が広がる中、大幅続落。米国産標準油種WTIの1月物の清算値は前週末比1.32ドル(2.58%)安の1バレル=49.88ドルと、中心限月ベースで2017年10月9日以来約1年2カ月ぶりに50ドルを割り込んだ。2月物は1.27ドル安の50.20ドル。

前週末に発表された中国や欧州の経済指標が低調だったのに続き、この日朝方に発表された12月のニューヨーク州の製造業景況指数も市場予想を大きく下回ったため、世界的な景気減速懸念が強まった。このため、エネルギー需要の先行きにも警戒感が広がり、原油が売り込まれた。

また、米株式相場が午後にかけて下げ幅を拡大するにつれ、株式と並んでリスク資産である原油にも一段と売り圧力がかかった。米シェールオイル生産が引き続き増加傾向を示す中、米国内の在庫水準が改めて意識され、原油売りに一段と拍車が掛かったとの見方もあった。

ドル/円 NY終値 112.82/112.84 <JPY22H=>

始値 113.25 <JPY=>

高値 113.30

安値 112.69

ユーロ/ドル NY終値 1.1346/1.1349 <EUR22H=>

始値 1.1350 <EUR=>

高値 1.1358

安値 1.1330

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 105*02.00 3.1135% <US30YT=RR>

前営業日終値 104*15.00 3.1430%

10年債(指標銘柄) 17時05分 102*09.50 2.8570% <US10YT=RR>

前営業日終値 102*00.50 2.8890%

5年債(指標銘柄) 17時05分 100*27.00 2.6916% <US5YT=RR>

前営業日終値 100*21.75 2.7270%

2年債(指標銘柄) 17時05分 100*03.25 2.6957% <US2YT=RR>

前営業日終値 100*01.13 2.7310%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 23592.98 -507.53 -2.11 <.DJI>

前営業日終値 24100.51

ナスダック総合 6753.73 -156.93 -2.27 <.IXIC>

前営業日終値 6910.67

S&P総合500種 2545.94 -54.01 -2.08 <.SPX>

前営業日終値 2599.95

COMEX金 2月限 1251.8 +10.4 <GCv1><0#GC:>

前営業日終値 1241.4

COMEX銀 3月限 1475.9 +12.2 <SIv1><0#SI:>

前営業日終値 1463.7

北海ブレント 2月限 59.61 ‐0.67 <LCOc1><0#LCO:>

前営業日終値 60.28

米WTI先物 1月限 49.88 ‐1.32 <CLc1><0#CL:>

前営業日終値 51.20

CRB商品指数 177.9163 ‐2.3961 <.TRCCRB>

前営業日終値 180.3124

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  4. 4

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  5. 5

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  6. 6

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  7. 7

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。