記事

世界的株安は今後も続く、金融引き締めや景気減速懸念=BIS


[ロンドン 16日 ロイター] - 国際決済銀行(BIS)は16日公表した四半期報告で、最近の世界的な株安は始まりに過ぎず、今後も続くとの見通しを示した。各国の金融引き締めや景気減速への懸念から、投資家は市場から資金を引き揚げるとみている。

BISの金融経済部門の責任者、クラウディオ・ボリオ氏は「今四半期の市場の動揺は1回限りのものではない。特に通商摩擦や政治的不透明感が強まる中で金融政策の正常化は厄介だ」と指摘した。

今年の株式市場は欧州やアジアで急落したのに加え、約10年上昇を続けていた米国株も最近マイナス圏に転じた。世界全体や米国の景気の先行きに懸念が強まっている上、各国の中央銀行も金融危機時の大規模緩和からの出口を模索し、引き締めに移行しつつあるため。

米国債利回りも、ここ数週間で長短金利の差が縮小し、「景気後退の予兆」とされる「逆イールド」が発生し、投資家心理を冷やした。

ただボリオ氏らは、景気後退の前兆としては国債の逆イールドよりも金融政策サイクルの動きを調べた方が的中率が高いと指摘。過去の調査では、1980年代初頭以降、市場の下落は金融引き締めよりも活況後に起こることが多かったとした。

米金利が上昇を続ければドル資金の調達が難しくなる恐れもあるが、BISによれば、金融業界は米国外でのドル調達能力によりこのリスクを穴埋めできる。

またBISによると、世界全体の越境融資のうち発展途上国の銀行が占める割合は12%強と、2008年代半ばの3%から大幅に上昇した。新興市場国企業向け融資の拡大が理由だという。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  3. 3

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  4. 4

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  5. 5

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  6. 6

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  7. 7

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  8. 8

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  9. 9

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

  10. 10

    東京の飲食店は来週月曜日からどう変わる?

    内藤忍

    06月19日 16:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。