記事

落合陽一、社会に出るまでに学ぶべきこと「妥協」「セカンドプラン」「責任の取り方」-「あとは自主的にできることを仕事に」

筑波大学准教授でメディアアーティストの落合陽一さんが12月17日、自身のツイッターで中学、高校のときに身につけるべきことを投稿した。

「習慣付けをして定期的に予定を立ててやることとまとめて時間を確保して締め切りまでクオリティを高める姿勢の両方を中等教育-大学入学くらいまでに身につけるといいと思う」

「アーティストと研究者は妥協しなくていいとこが好き」

さらに「それをテストする入試がしたい。社会に出るまでに妥協とセカンドプランと責任の取り方を学べばいいと思う」とツイート。

落合さんの肩書は「筑波大学准教授」「メディアアーティスト」などだが、活動はこの枠におさまらないものもある。そのためか、前述のツイートに「あとは誰かに何もいわれなくてもやっちゃうようなことをいくつか見つけて仕事にできればストレスフリー」と続けた。

ただ自身の活動については「アーティストと研究者は妥協しなくていいとこが好き」とコメント。落合さんにとってこうした仕事は、主体的に、妥協なしに働ける仕事のようだ。

就活においては「新卒で就職できないと死亡フラグが立ったも同然」という考えが根強く残っている。現在、売り手市場と言われる新卒採用でも、行きたい企業の内定が出ないと苦しむ人も少なくはない。

しかし、もし妥協だけでなく、セカンドプランを持ち、責任の取り方を学んでいたら、いわゆる「就活に失敗した」状態になっても、その意識を持つことなく働けるのかもしれない。

あわせて読みたい

「落合陽一」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  4. 4

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  5. 5

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  6. 6

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  7. 7

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  8. 8

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  9. 9

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

  10. 10

    中国シノバックワクチン、有効だが副反応データ不足=WHO諮問委

    ロイター

    05月06日 11:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。