記事

マツダの逆襲開始 トヨタに飲み込まれぬよう独自性の追求へ

【LAオートショーで世界初公開されたマツダ3(写真/AFP=時事)】

 12月9日まで開催されていた米国ロサンゼルスのオートショーでマツダが世界初公開した新型「マツダ3」。マツダはこのクルマから“新世代商品群”と位置づけているが、どんな狙いが込められているのか。佃モビリティ総研代表の佃義夫氏がレポートする。

 * * *

米・ロザンゼルスオートショーでマツダが世に問うことになる内燃機関の究極の進化系とする「スカイアクティブ-X」を搭載した「マツダ3(現行モデルは日本名アクセラ)」。

 マツダは、電動化というクルマの大きなうねりの中で、ガソリンエンジン・ディーゼルエンジンをさらに進化させていくことを追求し「スカイアクティブ-X」はガソリンエンジンの希薄混合気を圧縮点火させる技術を世界で初めて実用化させた。

 新型マツダ3は、“夢のエンジン”とも言われるこのスカイアクティブ-Xを搭載したマツダの新世代商品群投入の第1弾となり、「2019年から北米を皮切りに世界市場に投入していく」(丸本明社長)ことになる。

 マツダの逆襲──。来年、2019年からのマツダの新世代商品群の投入の動きはこの言葉に象徴されよう。今年6月に就任した丸本社長兼CEOの丸本体制の下で、マツダならではの「人間中心」の開発哲学に基づく、クルマと人の一体感による「マツダの走る歓び」を強調する新世代商品群の展開を計画している。

 マツダは、かつて米フォード・モータースとの資本提携でフォードの傘下が長く続いたが、2015年にフォードとの資本関係を解消し、2017年にトヨタと業務資本提携を発表している。だが、広島に本拠を置くマツダは、トヨタグループの仲間入りをして電動化やコネクティビティの技術戦略を連動する一方で、マツダの独自性を維持した商品開発にこだわり続けている。

 マツダと言えば、「ロータリーエンジン(RE)」で有名だが、今後の電気自動車(EV)開発においても「マツダらしいEVを」と、小型・軽量なREを活用した電動化技術でロータリーエンジンレンジエクステンダー(エンジンで発電する)による航続距離の課題を解決する実用化の方向も進めている。

 マツダが2010年に発表したスカイアクティブエンジンは、世界一高圧縮のガソリンエンジンと低圧縮のディーゼルエンジンで「スカイアクティブ技術」を世に知らしめた。

 当時、マツダは資本提携先の米フォードがリーマンショックで一気に経営が厳しくなり、マツダから離れる方向を進めてマツダとしても厳しい状況に追い込まれていた。だが、その中でスカイアクティブ技術を愚直に磨き上げてきたことが高い評価を受けたのだ。

 マツダは、このスカイアクティブをさらに進化(深化)させることに取り組み、「スカイアクティブ-X」は、予混合圧縮点火(HCCI)を実用化することに成功した。これは、圧縮着火なのに点火プラグを使うという発想の転換で、火花点火制御圧縮着火(SPCCI)を世界で初めて実用化させた画期的なエンジンといえる。

「EV大転換と言っても、ウェル・トゥー・ホイール(燃料採掘から車両走行まで)の視点でCO2削減に取り組んでいかねばならない。すぐに世界がEVだけにはならないし、内燃機関でCO2をいかに削減するか、まだまだ進化できる」(マツダの開発技術陣)

 との考えがスカイアクティブ-Xの実用化にこぎつけたのだ。

 マツダの新世代商品の第一弾となる「マツダ3」は、Cセグメントの小型セダンとハッチバックで、マツダが日本の美意識の本質を体現することを目指して深化させた「魂動(こどう)デザイン」を採用している。丸本社長は「魂動デザインと走り、ストレスなくクルマと一体になれるマツダの強み、独自性を強く主張したのがマツダ3だ」と自信を込める。

 このマツダ3の世界初公開を米国のロサンゼルスオートショーとしたのは、最近の北米自動車市場が大型車かつSUV主流のトレンドにある中で小型車セダン・ハッチバックを披露しマツダの独自ブランド性を問うたものである。

 マツダの今期(2019年3月期)のグローバル販売見通しは、161万7000台にとどまる見通しであり、世界的に見てもマツダは中堅メーカーで量を追うメーカーではない。今後、いかにマツダの独自性を際立たせていけるか──に尽きるだろう。

 また、米フォードから離れて2017年からトヨタと資本・業務提携してトヨタグループ入りしたことで、トヨタとの連携をどのように生かしていけるかも課題といえる。資本提携後、直ちにトヨタとデンソーとでEV共同技術開発合弁会社「EV C・Aスピリット(EVキャス)」を設立したが、ここにはその後、ダイハツ・日野・スズキ・スバル・いすゞ・ヤマハ発動機が加わり、日本連合EV基盤開発の様相を呈している。

 また、トヨタとは米国の合弁工場設立も決めており、トヨタサイドも「マツダのクルマづくりには、一目置いている」(トヨタ首脳)との声もある。豊田章男社長は「この100年に一度の大転換期においては、仲間づくりで乗り越えていかねばならない」ことを強調している。

「マツダはトヨタに飲み込まれてしまうのでは」と危惧する声もあるが、そうならないためにも、マツダは独自性を主張し続けていく以外に道はない。

あわせて読みたい

「マツダ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣がワクチンめぐるデマ流布に言及 不妊については「科学的根拠がない」

    河野太郎

    06月24日 11:12

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  4. 4

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  5. 5

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  6. 6

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

  7. 7

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  8. 8

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  9. 9

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  10. 10

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。