記事
  • S-MAX
  • 2018年12月16日 14:40

秋吉 健のArcaic Singularity:今そこにあるサイバー危機。日本政府によるファーウェイ製通信設備の排除通達問題から通信業界の未来と起こり得るリスクについて考察する【コラム】

2/2
as-054-004
ファーウェイ最大の危機

■5G戦略で大打撃を受けるソフトバンク


このファーウェイやZTEの世界的な排除の影響を直撃してしまったのがソフトバンクです。同社では4G(LTE)設備の世代からファーウェイやZTEの製品を積極的に採用しており、5G世代でも主要な納入企業として2社を採用していました。

NTTドコモやKDDIもスマートフォン(スマホ)製品や一部の通信設備にファーウェイやZTEの製品を採用していましたが、その影響は今のところ軽微だとされています。

as-054-005
ソフトバンクの中国企業への依存度は高い(MCA・プレスリリースより引用

as-054-006
先日リニューアルしたソフトバンクの「5G×IoT Studio」お台場ラボにて公開されたファーウェイ製5G通信設備

ソフトバンクではノキアやエリクソンといった企業も通信機器の納入メーカーとして名を連ねていることから5G戦略そのものが完全に頓挫することはないと思われますが、しかし小型のクライアント向け通信設備や通信端末などの納入に遅れが出る可能性は十分にあります。最悪の場合、5Gサービスの開始が他社より大幅に遅れる可能性もあります。

余談ではありますが、エリクソンと言えば12月6日にネットワーク機器「MME」におけるデジタル証明書の期限切れによってソフトバンク網で大規模な通信障害を起こしたばかりでもあり、ソフトバンクとしては泣きっ面に蜂といったところです。

ソフトバンクに限らずNTTドコモやKDDIでも通信関連設備や通信端末の納入先を複数用意しているのは、そういった障害発生時のリスクを分散させるためでもあり、5G網において本来4社を主体に考えていた戦略を2社に絞らざるを得なくなったとすれば、リスク対策の面で不安が出ることは必定です。

当然ながらソフトバンクも今後国内の通信機器メーカーなどと交渉し通信設備の補填と増強へ急ぐものと見られますが、完全に国家間のサイバー戦争に巻き込まれたかたちでもあり、多少なりとも同情の念は抱かざるを得ません。

as-054-007
ソフトバンクの可搬型5G設備「おでかけ5G」ではファーウェイ製通信設備も採用される予定だった

■消費者に「通信の安全」の選択を迫る時代がやってくる


米国による中国製品排除の流れから現在までの経緯を俯瞰してみると、1つの疑問に突き当たります。「果たして中国製品は本当に危険なのか」という点です。

一昔前であれば、他国の製品を平気で模倣し、時には設計や金型を盗用してまで製品化してしまう中国企業も存在したことから「安かろう悪かろう」の代名詞にまでなっていましたが、その中国製品が他国の情報を盗むための道具として意図的に製造されるといったようなことはなかったと記憶しています。

しかし高度な通信設備やサーバー設備も製造を手がけるようになった今、その安全性がこれまで以上に求められるようになったことは事実です。その上で、叩いてホコリが出るような状況が次々と発覚したのでは信頼してほしいという言う方が難しくなってしまいます。

筆者は中国製品に限らず米国製だろうと日本製だろうと、常に一定のリスクはあると考えます。リスクを覚悟した上で、どのレベルまでであればその製品を用いるのに適した安全性を担保できるのかを考えます。

日本政府とて中国は最重要貿易国であり、その中国との関係が悪化するような企業排除命令を簡単に下すとは思えません。国家の重要インフラである通信設備という部分(レベル)だからこそ、その他のリスクと天秤にかけた上で最もリスクの小さな選択を迫られたという証拠なのだと考えます。

ですが、「疑いがある」というだけで企業の経済活動を国家が阻害してよいのか、という疑問は払拭できません。疑いようのない犯罪行為や重大な過失が認められたのなら、排除への勧告や通達もやむなしと感じますが、現在ファーウェイ製の通信設備や通信機器で実害が出たという報告はどこにもありません。

被害が出てからでは遅い、という意見にも一理あるとは言え、せめて犯罪や被害を起こす証拠となるものを明示できなければ、それは魔女狩りと変わらなくなってしまいます。

as-054-008
ファーウェイCFO・孟晩舟氏の拘束は「魔女狩り」だったのか、それとも本当に「魔女」だったのか(公式サイトより引用

もはや企業の論理だけでは止めることができなくなった国家間のサイバー戦争の行方は全く見えません。ユーザーたる私たちにできることは自衛のための判断と行動のみです。その通信機器は安全なのか、自分の情報を預けるに足る信頼性があるのか、そしてまた将来に渡って継続的に利用できる通信サービスなのか……。

通信は安全でありユーザーに何も問題なく提供される、という前提はそろそろ捨てなければいけないかもしれません。そもそもその前提が幻想だったかもしれないのです。通信技術と通信端末が高度化し、人々の生活に無くてはならない物となった現代だからこそ、私たち自身による通信手段の再選択や再検討が必要なのかもしれません。

as-054-009
その通信は安全なのか、そこから考えなければいけないの時代なのが少し寂しい

記事執筆:秋吉 健


あわせて読みたい

「HUAWEI(ファーウェイ)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  5. 5

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  6. 6

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  7. 7

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  8. 8

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  9. 9

    「スポーツ界の取り組みも理解して」の誤魔化し

    諌山裕

    06月16日 14:24

  10. 10

    「空港は一般客とは別の専用口を用意しろ」VIP待遇を求めるIOCに怒り

    マガジン9

    06月16日 15:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。