記事

作業服業界が好調 「ワークマンブーム」顕在化の背景

【一般消費者も虜にする作業服専門店「ワークマン」】

【低価格・高機能で着心地もいいワークマンコーデ】

 今年、ファッション業界を賑わせた一大トピックといえば、作業服専門店「ワークマン」のヒットだろう。現場作業員のみならず一般人も虜にした洋服の高機能性やファッション性が改めて注目され、よりカジュアル化させた新業態「WORKMAN Plus」も人気を集めている。ファッションジャーナリストの南充浩氏は、“ワークマンブーム”が顕在化する前から、作業服業界を取り巻く「ある変化」に気付いていたという。

 * * *

 何かと不景気なニュースが続くアパレル業界ですが、久しぶりに注目を集めているのが9月に東京・立川にオープンした「ワークマンプラス」です。あっという間に11月で3店舗にまで増え、来年も出店計画が目白押しだという活況ぶりです。

 ワークマンプラスとは、ワーキングユニフォームチェーン店大手「ワークマン」が新たに開発したアウトドア・カジュアルラインで、低価格・高機能が「売り」です。まだ3店舗なので断定することはできませんが、ユニクロ以来、久しぶりに「マス層」に広がる可能性のあるブランドが登場したと感じています。

 すでにワークマンは低価格と高機能の両方を実現していますから、あとは商品のデザイン性の問題だといえます。いくら低価格・高機能でも作業服然としていれば、現場作業員には売れても一般人には売れません。しかし、近年はデザイン性もだいぶ良くなっています。

 ではワークマンプラスというブランドの人気ぶりは、独力で生み出したものなのでしょうか。私はそうではないと思っています。実はワークマンプラス人気が顕在化する以前から、ワーキングユニフォーム業界とカジュアル業界には「ある潮流」が起きていました。

 まず、ワーキングユニフォームのカジュアル化・ファッション化です。現場作業員のための服であるワーキングユニフォームにカジュアル化・ファッション化の波がジワジワと押し寄せていたのです。

 これは売る側と買う側の需給関係によるものです。まず、買う側は仕事が終わってから飲みに行くのに、「やっぱりカッコイイ服の方が良い」と思い、常日頃からオシャレな作業着の登場を望んでいました。一方、売る側からすると「カジュアル化・ファッション化した商品は少々高くても売れるし、客単価アップにもつながる」と考えていました。

 ワーキングユニフォームは仕事のための必需品でなおかつ消耗品でもあります。酷暑・厳寒時の野外作業から体を守るため、極めて高機能であることが求められます。また、必需品で消耗品であることから低価格であることが求められます。嗜好品であるオシャレ着とは異なるのです。だれも着たくて着ているわけではないですから、買い替えが発生することを考えると安ければ安いほど喜ばれるのです。

 ですからワーキングユニフォームはもとから高機能・低価格で、ワークマンに限らず自重堂やクロダルマ、コーコス信岡などといった大手ワーキングユニフォームメーカーの商品は基本的にすべて高機能・低価格なのです。

 一方、カジュアル業界は長引くアパレル不況を脱するための「高機能化」が進んでいました。特にメンズ服はカジュアルに限らず、スーツも高機能化しつつあります。メンズは基本的にうんちく好きなので、そういう「高機能性」に惹かれやすい素地があります。しかし、それ以前にカジュアルはもとがワーキングと親和性が高いという背景もあります。

 現在、アメカジとして広く普及している洋服のルーツはだいたいが、ワーク、ミリタリー、スポ―ツ、アウトドアです。そしてこのすべては「機能性」が重要視される分野です。

 例えば、カジュアルの代表的アイテムであるジーンズがもとは作業服であることは広く知られています。ジーンズは作業着として19世紀後半に生まれました。厚手の生地で破れにくく、当初のインディゴ染めは虫よけの効果があったとされています。ですから機能性を追求した作業ズボンとして当時は生み出されたのです。

 その他、スエットシャツ(トレーナー)はスポーツアイテムが起源ですし、Pコートやカーゴパンツはミリタリーウェアが起源、ダウンジャケットはアウトドアが起源で、いずれも機能性が重視された衣料がカジュアルに転用されたものです。

 こうした背景から考えると、カジュアルは機能性衣料と親和性が高く、ワーキングユニフォームとも親和性が高いといえます。ジーンズがカジュアルウェアの代表になったように、現代のワーキングユニフォームもカジュアルウェア化することは不思議でもなんでもありません。

 ワーク、機能性衣服のカジュアル化という潮流の結果、ワークマンプラスは生み出されたといえますが、この流れはワークマンプラスだけではありません。その他でもワーキングユニフォームのカジュアル化、カジュアルのワーキングユニフォーム化はいくつも例があります。

 今年9月にはリーバイスジャパン社から、全国各地のワークショップやセレクトショップに向けて「リーバイス・ワークウェア」の卸販売を開始したとの発表がありました。作業着として生まれたリーバイスが再び作業服へと原点回帰したといえますが、それ以上に通常のジーンズショップやカジュアルショップに行き渡った結果、新たな販路を模索するとワーキングショップしか残っていなかったともいえます。

 また、一般的には知名度がありませんが、創業3年のブリッツワークスという小規模アパレルがあります。ジーンズを中心アイテムとしているのですが、「ブルーモンスタークロージング(BMC)」というオリジナルブランドはなんと、創業3年で卸売り先が200店舗を越えています。

 現在のカジュアルアパレル業界では人気ブランドも人気店も固定化されているため、新規ブランドがやすやすと卸売り先を増やすことはできにくい状態にあります。にもかかわらずBMCはわずか3年で200店舗以上の卸先を獲得しました。

 主要な卸先はカジュアルショップよりも、その大半以上はワーキングショップやホームセンターです。ワークとカジュアルの融合「ワーカジ」という造語を掲げてスタートしたブランドですが、その言葉通りにワーキングショップやホームセンターに認められ、急速に店舗数を拡大したというわけです。

 またワーキングユニフォーム業界も昔からカジュアル参入に何度も挑戦しています。ディッキーズというカジュアルブランドがありますが、昔はこれをワーキングユニフォームメーカー大手の自重堂がライセンス生産していた時期もあったのです。

 ワークマンプラスは実はワーキングとカジュアルの融合の氷山の一角にすぎません。リーバイスの原点回帰や新興ブランドBMCの急拡大など、ワーキングとカジュアルの融合は急速に進んでおり、今後さらにその融合は一層深まるばかりだと考えられます。逆にいうと、今後「マス層」には機能性のない服は売れない時代になってしまうかもしれません。

あわせて読みたい

「アパレル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  6. 6

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  7. 7

    原則自宅療養の方針に橋下徹氏が懸念「国と地方で責任の押し付け合いがはじまる」

    橋下徹

    08月03日 21:37

  8. 8

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  9. 9

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

  10. 10

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。