記事

江本孟紀氏 「鳩山由紀夫さんが僕のがんをバラしちゃった」

【エモやん節は衰える気配なし】

「いま、僕の体の中には、一応がんはないんですよ。胃を全摘して、今のところ転移もしていない。だから、特別闘病もしていないし、共生もしていないんですよ。検査は3か月に1回やってますが、あとは普通に生活しているだけ」

 そう言い放つのは、辛口解説でお馴染みの“エモやん”こと江本孟紀氏(71)だ。

 江本氏の体にがんが見つかったのは2017年5月。テレビ番組で大食い対決をした時に、今までにない胃を突き上げるような感覚を覚えたという。3年ぶりに胃カメラを飲むとスキルス胃がんが発見され、全摘手術となった。

 ただ、江本氏はあっけらかんとこう話す。

「2人に1人が、がんになるといわれている時代ですからね。特別視するほうがおかしいんじゃない? 僕なんか“球界のがん”と言われ続けてきましたから、むしろ(がんが)見つかるのが遅かったくらいでしょう(笑い)」

 告知を受けた時も、「医者が驚くぐらい普通」だったという。江本氏は、がんを患ったこと自体、公開するつもりはなかったといい、「今年1月に叙勲受章祝賀会で挨拶してくださった鳩山由紀夫さんがバラしちゃった」と苦笑する。

「全摘して、もう今は病人という自覚は全くない。10年前になった糖尿病の数値なんて、今は改善されている。10年前より健康なんですよ。

“がんと闘っている人に一言お願いします”みたいな質問を受けるのが本当に嫌なんですわ。僕は僕、他人は他人でしょ。残りの人生も自然体でやりたいんです。ドカ食いは難しくなったけど、旨いものをしっかり食う。後はなるようになる」

 自然体の“エモやん”の言葉は、「がん」がどんな病気かを教えてくれる。

※週刊ポスト2018年12月21日号

あわせて読みたい

「鳩山由紀夫」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  8. 8

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

  9. 9

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

  10. 10

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。