記事

あれから100日、あれから100年

 胆振東部地震から昨日で100日となり、今日は厚真町で慰霊式。紙智子参議院議員の代理として参列しました。地元の伊藤ふじお党町議も見えられました。


 100日前から季節は移り、今日の厚真町は至るところ真っ白。それでも地震発生直後の様子は、つい昨日のように思い出されます。あらためて亡くなられた方に、心から哀悼の意を表したい。

 宮坂尚市朗町長は式辞で、亡くなられた方お一人お一人の名前を読み上げました。多くの方が農家であったこともふまえ、町を切り拓いていった歴史も触れられました。無念の思いとともに、遺志を継いで前を向こうというメッセージに聞こえました。

 来賓による追悼の辞のあと、遺族を代表して畑島武夫さんがお別れの言葉を述べました。何度も畑島さんのお宅の前を通って、手を合わせたことを思い出しました。お言葉の最後の「ありがとう」という、それだけの言葉でも重く心に響きました。

 仮設住宅に入り一段落しつつも、これからの生活や住宅のことに対する不安は尽きません。在宅にて被災している方も、修繕にかかる費用の負担が重いと聞きます。農地や山林の復旧は、まさにこれからです。道や国へも訴えるべく、伊藤町議から新たな課題も聞きました。苦難軽減に力を尽くさねば。


 午後には北広島市で、来年の選挙に向けた党と後援会の決起集会に参加しました。数々の実績をあげてきた党北広島市議団は、板垣恭彦市議が新人・人見てつやさんにバトンタッチし、永井もも市議が3期目に、山本ひろみ市議が2期目に挑戦します。それぞれの決意とともに、私からは情勢報告と3議席の値打ちをたっぷりと話をさせていただきました。

 今日は、いわさきちひろの誕生日。生きていれば100歳を迎えることになります。戦後、党の演説会に参加してから入党し、そのやさしさゆえ画家としての才能も発揮した、ちひろ。私が好きな19272年の随想「春のわかれ」を、今日の私の訴えの最後に紹介しました。

 「もう何年も前のことだった。私が共産党員だということを知らなかったある雑誌の婦人編集者がびっくりしていった。『こんなやさしい絵を描く方が、なんでまた共産党なんでしょう』と‥‥。私は、本当はやさしいところがあったからこそ党員の絵描きになったのに」

 人を人とも思わない社会の風潮だったり、自己責任を押しつけて殺伐とした日本にするような政治の責任だったり。そんななかで、誰もが人間らしく生きられる社会をつくろうという日本共産党の議員や党員が増やそうじゃないか--と呼びかけました。

 かくいう自分も、そんな生き方をしているか。自問しながら明日もがんばりたい。

 【今日の句】生きてたら ちひろは何を 描くだろう

あわせて読みたい

「北海道胆振東部地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  2. 2

    倉持由香 給付金100万円受け取り

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    AppleMusic停止 異例の抗議行動

    跡部 徹

  4. 4

    都の方針に歌舞伎町経営者が怒り

    BLOGOS編集部

  5. 5

    きゃりー父「投稿に責任を持て」

    文春オンライン

  6. 6

    神の業? コロナ直面のイスラム教

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナで着目すべき「血液凝固」

    大隅典子

  8. 8

    ユニクロ参入でマスクバブル終焉

    NEWSポストセブン

  9. 9

    アパレル倒産 コロナ前から兆候

    南充浩

  10. 10

    暗号資産に麻生節「名称が悪い」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。