記事

林家木久扇、森永乳業を退社して漫画家になった過去

公式サイトより

 林家木久扇が、12月12日放送の『バゲット』(日本テレビ系)で、落語家になるまでの意外なエピソードを明かした。

 第2次世界大戦中、明日をも知れない生活を送った木久扇は、「食べ物に苦労したくない」と18歳で森永乳業に入社。「乳酸菌のことにはすごい詳しい」と豪語していた。

 だが、わずか4カ月で退社し、漫画家の清水崑に弟子入りして、2年後にプロとしてデビュー。当時、『週刊漫画サンデー』に『とりもの太平記』を連載。当時のギャラをぶっちゃけ、「けっこう稼げた。落語家で前座は1日250円だけど、漫画は1枚5000円くれますから、いい収入だった」と明かした。

 だが、漫画を描きながら、渥美清の声色のマネなどをしていると、清水氏が「演芸のほうがいいんじゃないか」と落語家の師匠を紹介してくれた。ここから、落語家人生が始まったという。

 10月9日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系)では、「木久蔵ラーメン」で田中角栄元首相を激怒させた話を告白していた。

 1982年、木久扇は横山やすしと「全国ラーメン党」を結成。中国でもラーメン店をやりたいと、日中国交正常化を果たした田中元首相に直談判しに行った。だが「中国に行ったのはラーメンを食べに行ったわけじゃない。帰れ!」と怒られてしまったという。

 そこで木久扇は「ラーメン党には党員が1万名おります」と言い出すと、田中元首相の態度が変わり、「党員が1万人いるということは有権者が1万名いるということ。私のことを応援してくれますか?」と返されたとのこと。

 こうして、田中元首相の計らいで中国でラーメン店のプロジェクトが進行したが、天安門事件が起こり、頓挫してしまった。最後に木久扇は「落語家だから下げがついた。ラーメンの出前は『てんやもん』でしょ?」とオチをつけていた。

 81歳の木久扇は、波乱に満ちた生涯を送って現在の地位を確立させたようだ。

あわせて読みたい

「落語」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  2. 2

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  5. 5

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  6. 6

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  7. 7

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  8. 8

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  9. 9

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  10. 10

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。