記事

孟CFOの旅券と「官民癒着」の中国企業 - 澁谷 司

 周知のように、今年(2018年)12月1日、カナダ当局が米国政府の要請を受け、ファーウェイ(華為技術)の副会長兼CFOの孟晚舟を逮捕した(同日、ファーウェイと関係が深かった天才物理学者、張首晟が自殺している)。

 その後、孟晚舟容疑者は日本円で約8億5000万円を支払い、釈放が認められた。そして、孟は、ブリティッシュ・コロンビアの自宅へ戻った。

 現在、孟はカナダ当局の監視対象になっている。彼女は海外逃亡しないように、所持していたパスポートは全て取り上げられ、かつ、居場所を特定できるGPSを装着されているという(因みに、北京政府は、カナダへの報復措置として、中国国内のカナダ人2人を拘束した)。

 孟晚舟は、少なくとも中国パスポート4冊と香港のパスポート3冊、合計7冊を所持していたという(8冊説もある)。

 かつて周永康(無期懲役で服役中)の秘書だった周本順(2015年10月失脚。元湖北省トップ)が中国のパスポート12冊を所持していた事実があるので、孟は数で周には及ばない。

 だが、何故、孟晚舟がそれほど多くの中国のパスポートを所持していたのか不思議である。(依然「前近代」にとどまる)中国が、パスポートを2冊以上発行するのは、一応、理解できよう。

 だが、「近代官僚制」が敷かれているはずの香港が、同一人物にパスポートを3冊発行するのは異常ではないか。この点について、林鄭月娥・香港行政長官が言い訳しているが、常識ではあり得ない。北京政府の圧力で、香港の「近代官僚制」が脆くも崩れ始めた証左だろう。香港の「中国化」が昂進し、いつの間にか香港が「前近代」に逆戻りした観がある。

 さて、孟晚舟の父親でファーウェイの創始者である任正非は、人民解放軍の技術者だった。だが、任は人前に出たがらなかったので、長い間、謎の人物とされた。

 一般に、中国の民間企業が成長するためには、中国共産党のバックアップが不可欠である。表面上、ファーウェイは、民間企業を装っているが、実際は人民解放軍が同社を支援してきたのではないか。

 民間企業では、社内に多くの中国共産党員を抱え込まない限り、企業の存続が危うい。逆に、役員も共産党員が多数就任すれば、仕事がスムーズに運び、企業は発展する。このように中国では「官民癒着」が“常態化”している。

 かかる状況下では、その会社がはたして民間企業なのか、国有企業なのか、線引きが難しくなるだろう。

 昨今、習近平政権は、民間企業をさし置いて、国有企業を優先している。その方が、共産党が直接統治しやすいからだろう。

 だが、大半の民間企業でも、共産党員が跋扈しているので、正確には「党有企業」と呼べるのかもしれない。けれども、それらの企業が正常に機能しているのかと言えばかなり疑わしい。何故なら、企業が経済の論理ではなく、政治の論理(政治的思惑)で動いているからである。

 ところで、目下、米トランプ政権は、ファーウェイ製品に組み込まれた「スパイチップ」を警戒し、同社製品、及びZTE(中興通訊)製品を米市場から排除しようとしている。それに対し、習近平政権は、お得意の「不買運動」(差し当たり、アップル製品が対象)を行うつもりだろう。

 では、「米中貿易戦争」で両国のうち、どちらのダメージが大きいかと言えば、間違いなく中国の方ではないか。ファーウェイやZTEが次世代を担う5G競争から脱落すれば、中国共産党の通信網優勢(=サイバー空間支配)が難しくなるだろう。

 最後に、今の「米中貿易戦争」状況について触れておきたい。アルゼンチン・ブエノスアイレスで開催されたG20の米中首脳会議では、結局、中国側が米国に譲歩せざるを得なかった。

 そこで、早速、12月12日、北京政府は、米国産大豆を約150万トン(およそ5億米ドルに相当)購入した。また、中国の対米自動車関税を40%から15%へ引き下げるという(既報の通り、「米中一時休戦」直前、北京は既に米国産豚肉を約3300トン輸入していた。依然、国内22省市にまで拡大した「アフリカ豚コレラ」のアウトブレイクが止まらないためである)。

 つまり、我々が従来から主張していたように「米中貿易戦争」で中国側が完全に折れた形となった。事実上の“敗北”である。北京は、もはや景気悪化が内外に覆い尽くせないほどの状況へ陥った。そのため、習近平政権(正確には、習主席だけ?)は、ついに“面子”をかなぐり捨てたのだろう。

バックナンバーはこちら
澁谷 司(しぶや つかさ)
1953年、東京生れ。東京外国語大学中国語学科卒。同大学院「地域研究」研究科修了。関東学院大学、亜細亜大学、青山学院大学、東京外国語大学等で非常勤講師を歴任。2004~05年、台湾の明道管理学院(現、明道大学)で教鞭をとる。2011~2014年、拓殖大学海外事情研究所附属華僑研究センター長。現在、同大学海外事情研究所教授。
専門は、現代中国政治、中台関係論、東アジア国際関係論。主な著書に『戦略を持たない日本』『中国高官が祖国を捨てる日』『人が死滅する中国汚染大陸 超複合汚染の恐怖』(経済界)、『2017年から始まる!「砂上の中華帝国」大崩壊』(電波社)等多数。

あわせて読みたい

「HUAWEI(ファーウェイ)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  5. 5

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  6. 6

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  7. 7

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  8. 8

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  9. 9

    リスクの高いヘッジファンドと同等のビットコイン 投資対象として魅力なし

    近藤駿介

    06月12日 17:02

  10. 10

    米議決権助言会社ISS、東芝の取締役候補5人の反対を推奨

    ロイター

    06月12日 20:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。