記事

先祖代々の“お宝”、無償譲渡で違法になってしまうことも

【売るのも売買も違法な“お宝”って?(イラスト/うえだのぶ)】

 物心ついた頃から実家に置いてあった、はく製や敷物。そんなお宝は、売れば数万から数百万円の値がつくものもある。

 しかし、環境省自然環境局野生生物課条約法令係の担当者によれば、「家宝の中には、自由に売買するのはもちろん、無償で譲渡することも違法になってしまうものがある」と言う。

 それは「種の保存法」により譲渡等が禁止されている「象牙」や「トラの敷皮」、「カメのはく製」の置物など、先祖から代々大切にしてきた“お宝”だ。

 ちなみに、「種の保存法」とはどういうものなのか? 絶滅のおそれがある野生動植物を守るために、国際的な輸出入を規制しているワシントン条約を補完する観点から、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)」が作られ、日本国内での取引等を規制している。

 種の保存法ではワシントン条約の附属書Iの掲載種が「国際希少野生動植物種」に指定されており、譲渡等が原則禁止されている。商業的な国内取引を行う場合は、登録を行い、登録票と共に譲渡等を行うことが可能になる。対象になるのは生体、鳥等の卵(個体)だけでなく、種によってははく製や羽、牙などの部分(器官)、毛皮やバッグなどの加工品も含まれる。

◆個人所有の象牙は未登録がまだある

 日本では1970~1980年代にかけて象牙ブームが起こり、一本牙が大量に輸入されていたが、現在はワシントン条約で象牙の商業的な国際取引は禁止されているため、日本に新たに入ってくることはない。

 また、「種の保存法」による象牙規制が適用される前の、1980年11月4日以前に入手した「アジアゾウ」の牙や、1990年1月18日以前に入手した「アフリカゾウ」の牙の場合は、所有しているだけなら処罰の対象にはならない。だが、売る、買う、あげる、もらう、貸す、借りるなどは禁止されているのだ。

 アフリカでは象牙の取得を目的とした象の密猟や象牙の密輸が問題になっており、国際的に管理強化が求められている。

「日本では、2017年8月末から『象牙在庫把握キャンペーン』を実施しています。過去に合法的に輸入された象牙が多数存在しているものの、多くは個人が所有しているため、全体量を把握できていないのが現状です。

 2019年6月頃からは、取得した経緯を説明する書類の審査なども含め、取引規制をさらに厳格化していく予定です。登録を受けていれば、国内であれば登録票とともに譲渡なども行えます。未登録のものは早めの登録を」(前出・担当者)

※女性セブン2019年1月1日号

あわせて読みたい

「遺産相続」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。