記事

爆笑問題・太田光でさえ呆れた「神田松之丞」の非礼ぶり

「志らく師匠の部分だけ、シャレになってないから」

 爆笑問題・太田光が、2018年12月11日のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)で、講談師の神田松之丞のラジオでの発言について語った。

 神田は、12月9日放送のラジオ番組『神田松之丞 問わず語りの松之丞』(TBSラジオ系)で、M-1で審査員として登場した落語家・立川志らくについて批判を繰り広げた。

「志らく師匠のなにがいいかっていうと、M-1の審査員になっちゃうっていう。なかなかないよね」

「談志師匠クラスならいいけど志らく師匠でやるっていう」

 落語家が漫才を審査することについて、皮肉たっぷり。

 志らく自身は、審査員になった理由をツイッターで、昔「立川ボーイズ」として漫才、コントの経験があるからと語っているが、それに対しても「あんなの別にさ、素人に毛の生えたようなやつじゃん。それでM-1の審査の理由にするってところが超かっこいいと思ってて」と語るなど、神田の暴言は止まらない。

 志らくは、妻のSNSに自身への非難が来たことに、「人間もどき」と怒りのコメントを出したが、これも「表現が斜め上なんだよね。言われてるやつもそんな傷つかない」など散々。

 そのあまりの非礼ぶりに、毒舌家の太田が「本当にね、アイツ(神田)は……とろサーモンなんて可愛いもんだよ。アイツの無礼さは、そんなもんじゃ済まないからね、言っとくけど」として、「あいつはね、やっぱり干されなきゃダメだな1回」とさすがに呆れた様子。

 数々の暴言を繰り返し、干されたこともある太田。ギリギリで笑いを取るのは2人とも同じだが、さすがに今回ばかりは許せなかったのか。同じタイプの先輩の貴重な忠告は、神田に届くのか。

あわせて読みたい

「M-1グランプリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMフリースマホ技適通過

    S-MAX

  2. 2

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  3. 3

    災害で学ばぬ自治体の自衛隊任せ

    清谷信一

  4. 4

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  5. 5

    中国人記者 天皇陛下に深い敬意

    PRESIDENT Online

  6. 6

    加害者の実名さらし 収入目的も

    文春オンライン

  7. 7

    東電元会長ら処罰で何か得るのか

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  9. 9

    増税前の駆け込み需要さえ起きず

    大串博志

  10. 10

    一般人と対話拒否 前大臣の暴挙

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。