記事

京都府亀岡市、レジ袋の使用禁止へ 違反した場合は過料も検討「海洋ごみの削減目指す」

ゴミ袋の使用禁止へ
ゴミ袋の使用禁止へ

京都府亀岡市は12月13日、「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」を発表。プラスチックのレジ袋の使用を禁止する条例を制定し、2020年の施行を目指すという。有料での提供も禁じるという。

同市環境政策課の担当者は、「海洋ごみの削減に向け、レジ袋削減に取り組んでいきたい」と話す。

保津川にプラスチックごみが増加 プラスチックごみそのものを減らす

海に接していない同市が海ごみ対策に積極的なのは、重要な観光資源である保津川の景観を保全するためだ。保津川は同市を通って、嵯峨嵐山(京都市右京区)に至り、その後は鴨川と合流して淀川に流れ込む。亀岡から嵯峨までの16キロメートルに渡る保津川下りは舟下りとして有名で、年間約30万の観光客が訪れるという。

同市環境政策課の担当者は、

「川下りの船頭さんからプラスチックゴミが増えてきたという報告が入るようになりました。ごみが多いと景観を損ねてしまうため、市でも川の清掃をするようになったのですが、いくらやっても終わりが見えません。側溝や溝に入り込んだ生活ごみが川に流れ込むのが原因のため、プラスチックごみそのものを減らすことが大切だと考えています」

と話す。

2012年には、環境NGO「JEAN」が主催する「海ごみサミット」が内陸部の自治体としては初めて開催された。海ごみは海に接した自治体の問題だと思われがちだが、ごみが内陸部から川に流れ込んで海ごみとなるため、内陸部の自治体も無関係ではない。

条例の対象になるのは、市内のスーパーやコンビニなど約760店。条例の施行後は、違反した店舗の公表や過料の導入も検討しているという。

使用禁止に先出し、来年度中にレジ袋を有料化する方針だ。

「スーパーや個人商店と調整し、ビニール袋の有料化を目指しているところです。有料化することで使用を抑制し、消費者を啓発していきたい。エコバックの配布も検討しています」

使用禁止後も紙袋の提供は認める。商店やスーパーは協力的であることが多いが、市民からは「禁止はどうなのか」と不安の声も出ているという。

あわせて読みたい

「海洋汚染」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  3. 3

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  4. 4

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  5. 5

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  6. 6

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    認知症新薬アデュカヌマブ 治験参加の医師が見た「効果と限界」

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。