記事

税制改正、住宅・自動車減税で増税後の消費支援 国1500億円の減収


[東京 14日 ロイター] - 自民・公明両党は14日、2019年度税制改正案を公表した。自動車税を恒久的に1320億円減税する措置や、住宅ローン減税を延長して3年通算で建物購入価格の最大2%を還元する新たな仕組みを導入し、消費税率の10%への引き上げ後の消費下支えを目指す。

会見した自民党の宮沢洋一税調会長は、2019年度税制改正に伴う平年度ベースの増減収見込額が、住宅ローン減税の拡充で国税1000億円、地方税140億円の減収になるほか、車体課税の見直しで国税530億円の減収となるとの見通しを示した。

車体課税の見直しは、消費税率を10%に引き上げる19年10月以降に登録する新車について、保有者が毎年支払う自動車税を最大4500円引き下げることが柱。恒久的な税負担軽減で、消費増税に伴う需要を平準化するとともに、国内自動車市場の活性化を促す。

減税規模は平年度ベースで1320億円程度となる。恒久減税による地方税の減収分は、エコカー減税の見直しや国税からの税源移譲で補う。自動車取得時の負担感を緩和するため、消費増税後の1年間、環境性能に応じて購入者が支払う「環境性能割」の税率を1%軽減する措置も打ち出す。

一方、住宅ローン減税の控除期間は13年間(現行10年間)に延長する。入居1年目から10年間は、これまでと同様に年50万円を上限にローン残高の1%を控除する。

さらにローンが残る場合は11年目以降の3年通算で建物購入価格の2%の範囲で減税する方針だ。19年10月から20年12月末までの間の入居者に適用する。

19年度の税制改正では、個人事業者の事業継承税制の創設や研究開発税制の見直しも盛り込む。

教育資金の一括贈与を非課税とする措置は21年3月末まで2年延長するが、受け取る側の所得要件を新たに設け、年間所得が1000万円を超える場合は利用を認めない。

(竹本能文)

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  9. 9

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  10. 10

    素直に良かった開会式 国内外の取り上げ方に差異

    和田政宗

    07月24日 10:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。