記事

ヴァージン有人宇宙船の飛行試験成功、商用化へ一歩リード


[モハベ(米カリフォルニア州) 13日 ロイター] - 民間宇宙開発会社ヴァージン・ギャラクティックが13日打ち上げた有人宇宙船「スペースシップツー」の2号機「VSSユニティ」は、宇宙空間を無事に飛行した後、カリフォルニア州の砂漠地帯への着陸に成功した。商用化レースで一歩リードした形だ。

ヴァージン・ギャラクティックは、英ヴァージン・グループ会長で富豪のリチャード・ブランソン氏が設立。アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>の創業者ジェフ・ベゾス氏が立ち上げた同業のブルー・オリジンなどと、人類初の民間宇宙旅行サービスを提供するという栄誉をかけて、し烈な競争を繰り広げている。

今回の飛行試験がうまくいったことで、民間宇宙旅行に向けた道が開かれたことになる。ブランソン氏は「われわれが人々を誰よりも早く宇宙に送り込める態勢にあるという事実を、今快く受け入れている」と語った。

VSSユニティを搭載したロケットは、ロサンゼルスの北145キロにあるモハベの基地から打ち上げられた。その後、地上13.7キロでロケットからVSSユニティが切り離されて自力飛行に入り、飛行士が無重力を体感し、地球の丸さが分かる地上から83キロの高度に達すると、ブランソン氏は息子と抱き合ったり、他の観客とハイタッチをするなど喜びをあらわにした。

ヴァージン・ギャラクティックによると、13日の試験データの解析状況を見て、数カ月以内に次の飛行試験を行う。

ブランソン氏はヴァージンが「数年単位でなく数カ月単位」で最初の宇宙旅行を実現すると宣言し続けている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  4. 4

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  5. 5

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  6. 6

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  7. 7

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。