記事

ECB理事会、一段と慎重な景気への見方必要との主張も=関係筋


[フランクフルト 13日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が13日に開いた理事会で、一部メンバーはユーロ圏経済の成長見通しについて一段と慎重なトーンを打ち出すことを求めたが、量的緩和(QE)を終了するとの決定は全員が支持した。2人の関係筋が語った。

ECBは理事会で、景気の下支えを目的とした2兆6000億ユーロ(2兆9500億ドル)規模の資産買い入れ策の終了を正式に決定。一方で、経済成長の勢い鈍化や地政学的リスク、保護主義の脅威、金融市場のボラティリティーについて警告した。

2人の関係筋によると、一部の理事会メンバーは、経済見通しを巡るリスクは「下振れ方向に傾いている」という一段踏み込んだ見方を示すよう求めたという。ECBは過去に、緩和策を再び実施する用意があることを示すためにこの表現を使ったことがある。

ただ、表現の変更については、政策行動が伴うはずとの期待が市場で浮上することが想定され、ECBはそのような行動への用意がないとの反対意見があった。

別のメンバーらはECBが表現を変更する用意がないとしても、成長率が鈍化していることは認める必要があると主張。メッセージを変えなければECBの信頼性に疑念を生じさせることになると指摘した。

ECBは最終的に、経済を巡る懸念が強まっていることを踏まえる形で表現を微修正したが、リスクが均衡していることにあらためて言及した。

ドラギ総裁は「ユーロ圏経済の成長見通しを巡るリスクは、おおむね均衡していると引き続き判断することができる」と指摘。

その上で「しかし、地政学的要因を巡る先行き不透明性が根強いことや、保護主義の脅威、新興国市場の脆弱性、金融市場のボラティリティーを踏まえると、リスクバランスは下振れ方向に傾きつつある」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣がワクチンめぐるデマ流布に言及 不妊については「科学的根拠がない」

    河野太郎

    06月24日 11:12

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  4. 4

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  5. 5

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  6. 6

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

  7. 7

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  8. 8

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  9. 9

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  10. 10

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。