記事

故郷を捨てた埼玉在住ワラビスタン「トルコで暮らすよりまし」

2/2

◆偏見と警戒心

 蕨駅や西川口駅近辺にはコリアンタウンや中華街のような匂い立つエキゾチズムはない。クルドの香りをわずかに感じるのは、Mをふくめた数軒のトルコ料理店やケバブ屋くらいだ。在日クルド人を支援する「クルドを知る会」の松澤秀延さんはこう説明する。

「クルド人たちは一箇所に集住しているのではなく、蕨市、川口市の広い地域に点在して暮らしています。それにまだ2000人程度ですから、目立つ存在ではないのです」

 2003年にスタートした「クルドを知る会」は、地域住民の交流活動以外にも、教育や医療のサポート、入管の施設に拘束された人への面会などを行ってきた。

「彼らと積極的に接しようとする地域住民はとても少ない。イスラム教徒に対する偏見や警戒心がある」

 蕨市の老舗商店主はクルド人に対して「迷惑をかけられることも、問題があるわけでもない。ただそこにいる人たちというのが正直な実感」と話していた。川口市には多くの中国人が暮らす芝園団地がある。生活習慣の違いから地域住民と衝突した時期もあったが、分断を乗り越えようと意見交換や交流が進んでいる。

 だが、隣のワラビスタンと地域住民には衝突はおろか接触もほとんどない。蕨市のケバブ屋にも足を運んだ。店員は片言の日本語を話したが、5人いた客のクルド人は日本語をほとんど理解できなかった。経済的にも時間的にも日本語を学ぶ余裕がないのかもしれない。その上、住民との交流がなければ、日本語に触れる機会も限られる。

「命の危険がない日本で子どもに教育を受けさせたいと考えるクルド人は多い。彼らは未来への可能性を次の世代に託すしかないのです」

 今後、日本を目指すクルド人難民は増加するだろうと松澤さんは指摘する。ヨーロッパで移民を制限する国が増えているからだ。ワラビスタンは、生まれ故郷を捨てざるをえなかったクルド人にとっての希望だ。だが、そこに漂うのは分断や格差の兆しというよりも、うっすらとした閉塞感である。それでもJさんは「トルコで暮らすよりもまし」と語る。その一言が、クルド人が置かれた厳しさを端的に物語っていた。

【PROFILE】山川徹●1977年、山形県生まれ。東北学院大学法学部法律学科卒業後、國學院大學二部文学部史学科に編入。大学在学中からフリーライターとして活動。著書に、『カルピスをつくった男 三島海雲』など。

※SAPIO2018年11・12月号

あわせて読みたい

「クルド人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  3. 3

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  4. 4

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ロッテ捕手 キャンプ中に妻不倫?

    SmartFLASH

  6. 6

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  7. 7

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  8. 8

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  9. 9

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  10. 10

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。