記事

月収200万で家賃24万「羽田圭介」芥川賞とって人生変わった

 芥川賞作家の羽田圭介が、12月11日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)で、ライフスタイルの変化を語った。

 2015年、『スクラップ・アンド・ピルド』で芥川賞を受賞した当時は、東京・渋谷区の7万5000円のワンルームマンションに住んでいた。

 だが、現在は都内のタワーマンションに居を移している。広さは2LDKで「家賃24万、駐車場3万、合計27万ですね」とあっさり告白。高級なソファにどっかりと座り、「カッシーナのやつなんですけど、175万」とイタリアの有名家具ブランド物だと明かした。

 作業部屋のデスクは高さが自由に調節でき、立って執筆も可能で、約13万円。部屋の一角には防音室があり、羽田は『オペラ座の怪人』の一節を朗々と歌い上げていた。

 羽田は2017年5月25日放送の『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京系)で、ギャラについて告白。事務所に所属せず、スケジュール管理やギャラ交渉なども自身で行う。金払いがいいテレビ局は「テレビ朝日」とまで暴露。テレビ東京の『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』は、前泊・後泊が発生した場合、最大5泊6日も拘束される。そのギャラと、テレビ朝日の2時間クイズ番組のギャラが同じとぶっちゃけた。

 また、最も金を稼ぐ上で効率的なのは講演会で、「90分くらいしゃべって、サイン会で60~80万円」になると告白。それを月に数回行っているという。

 最後に自身の月収について、先々月が300万円、先月と今月がともに200万円と話していた。

 自身の作品が初めて連続ドラマ化され、1月5日から『盗まれた顔~ミアタリ捜査班~』(WOWOW)として玉木宏主演で放送される。人気作家の懐はさらに潤っていきそうだ。

あわせて読みたい

「芥川賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  4. 4

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  5. 5

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。