記事

名門高を育てた青春「この一品」・目にも舌にもゴージャスな“しおり丼”! - 鈴木隆祐 (ジャーナリスト)

[東京都立国立高等学校(東京都・国立市)]

誰にもある青春の思い出の味。名門校と呼ばれる高校には、生徒に長年愛される名店が必ず近隣にあり、もはや学校文化の一部にもなっている。そんな店の数々のメニューの中から厳選し、味にうるさいWEDGE Infinity読者も納得の一押しをご紹介したい!

全国の小学校から大学まで相当な数、取材で訪れているぼくだが、こんな学校に通ってみたかった!――と本気で思わせてくれるのが国立高校。文化祭における3年生の、プロはだしの演劇のクォリティで全国的に知られる。ぼくの住む多摩地区では、名実ともにトップの公立校だが、郊外の穏やかな環境にあるせいか、接した生徒たちもみんな大らかで、屈託なく接してくれる。だから在校生とも、寄り道グルメ談義が気兼ねなくできるのだ。

国立には一橋大学、国立音大、桐朋学園とその他にも学校が多く、学園都市を形成しているため、一帯は昔から個性的な飲食店に恵まれている。ただ、国高に敬意を表したいのは、現役生が新入生に周囲の店をブログで紹介などもしていること。寄り道も文化、現役生が通過儀礼のように体験する味の数々が存在する。

中でもフェス的要素が高いのが、深川つり舟のしおり丼だろう。そもそも一橋大の運動部連中の御用達の店ではあるが、この巨大海鮮丼を文化祭の打ち上げなどで注文し、気焔を上げるのが国高生の習わしだ。事実、上記のブログでも「最強!」と一言。

そのしおり丼の構成はというと、米はぎっしり400gも盛られ、その上にネギトロが敷き詰められ、納豆が玉座を形作る。そこへビロードの絨毯よろしくイクラが延べられ、座布団のようなマグロの厚切りが等間隔で置かれ、中央には花形にあしらったサーモン切り身が鎮座。その雄しべ雌しべの部分にはワサビが王冠のごとく載っている。

この丼を前にすれば、誰もが王者になった気になるはずだ。だから、乾杯メシとでも名づけたいくらい。価格も2000円するが、もう1品取って、3〜4名でシェアする様子を普段から見かける。なぜかといえば、ご飯と味噌汁のお替わりは何杯でも無料だから。

しおり丼はむろん、量感と美的さのみでは語れない。サーモンといくらは親子なのだから、ただでさえ相性がいいが、そこへ割って入る納豆が意外にも合う。さらにネギトロがねっとりと舌に絡みつき、得も言われぬ旨味が口中で生ずる。

大人になってよかったなぁ—と思うのが、これを当てにまずビールを一本、ついで日本酒を徳利で一合は楽勝でいただけちゃうこと。そのぶんご飯は軽くよそってもらいましょう。他にも肴をもらうならよけい。そう、つり舟の大将はもともと銀座と深川で和食の修業をしていた、江戸前のなんたるかを熟知した料理人なのだ。

師匠の依頼で仕事を教えに来ていた店のオーナーが突然亡くなり、店主不在となったために後を引き継いだのが今のお店なのだという。現店名もそもそも、世話になった修業先の名だ。屋号を残してくれないか—となくなったご主人に頼まれ、店名にしたのだという。だから、国立にあっても深川なのだ。

バブルが弾ける前はよく接待でも使われていたが、以降はそんな需要も減り、何か他の柱を考えていたところ、大学が近くにあるしと、学生をターゲットにした丼物を始めたのだそう。最初はマグロ丼などごく当たり前の丼を数種提供するだけだったが、学生客の要望やまかないをメニュー加えるなどし、いつしかそれも50種類ぐらいに増えた。

45枚分で厚さ40cmに達する予約制のかきあげ丼は、雑誌のメガ盛り特集の定番で、海外のテレビが取材に来たこともあったとか。そして、大ぶりの穴子2匹が丸々載った穴子天丼もつり舟名物。江戸前風にハードに揚がっているが、中はふわふわでジューシー、これも掛け値なしに旨い。

今年で創業30年になるつり舟だが、代々、一橋大生はじめ近隣の大学生のバイトで支えられている。現にこのゴージャスな丼の名も、当時の店の看板娘、“しおりちゃん”にちなんで6年程前に命名されたという。そのつねに若々しい雰囲気も、高校生たちを惹きつける要因だ。

また、こうした学生への愛情に溢れた、旨さと安さの両立した店に囲まれていると、離れがたい気持ちになるのもよくわかる。国高生の多くが、いわば地元の一橋大に進学するのも、そんな国立愛から来るのだろう。2017年度の同大への合格者数は全国1位だった。

店内の壁には色とりどりのユニフォームが。みんなバイトで勤めた学生が卒業時、記念に—と置いていったのだという
共学校/創立:1940年 住所:東京都国立市。出身者に三宅久之、志茂田景樹、南木佳士、山極寿一、赤坂憲雄、六平直政、久和ひとみ、畑恵……many more!

あわせて読みたい

「グルメ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  7. 7

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  8. 8

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  9. 9

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  10. 10

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。