記事

「勘頼みは終わり」キャベツ農家の出荷量をドローンとAIで予測、その舞台裏

1/3


「食」という日本の根幹を支える農業分野ではいま、就業人口の減少高齢化が進んでおり、農地の大規模化や作業の省力化を進めることが急務となっています。

そんな中、茨城県のキャベツ農家で、ある実証実験が始まりました。ドローンで上空からキャベツを撮影し、膨大な量の画像をつなぎ合わせてAIで解析。将来的にはキャベツの育成状況から収量の予測を目指すプロジェクトです。

その様子を取材すべく、Ledge.aiは特急電車で茨城県へ。キャベツ収量予測の実証実験を進めるスカイマティクスのお二人と、実験に協力されているひらさわファームの平澤さんにお話を伺いました。

室矢 昌樹
株式会社スカイマティクス セールスマネージャー

榎本 真貴
株式会社スカイマティクス システムエンジニア

平澤 協一
ひらさわファーム

上空をドローンが飛行。キャベツの状態が一目瞭然

はじめに、実際に圃場の上空をドローンが飛行している様子を見せていただきました。GPSであらかじめ飛行ルートが設定されているため、難しい操縦は必要ありません。
実際にドローンが飛び立つ様子がこちらです。

圃場上空を往復しながら、リズムよく写真を撮影していました。

――榎本
「2週間に1度、圃場での撮影をおこなっています。今回の実証実験では1回の飛行で150~200枚ほど、全6回の飛行で1,000枚前後の写真を撮影し、キャベツのサイズ認識の精度向上に役立てます。

2週間に1度、圃場での撮影をおこなっていますが、キャベツは畑に苗を植えてから約60~90日で収穫するので、今日の撮影では2週間前と比べてかなり成長しています。

キャベツは品種や地域による違いだけでなく、成長度合いや天気によっても見え方が変わってくるため、膨大な量のデータを集める必要があります」

上空から見ると、キャベツが隙間なく植えられているのがよくわかります。特に圃場の中央部分は、わざわざキャベツの間を歩かなければ状態が見られませんが、空撮画像からは一目瞭然です。

画像提供:株式会社スカイマティクス

――榎本
「数百枚の写真をつなぎ合わせることで、圃場全体を1枚の高解像画像にまとめることができます。その画像は、キャベツを1個ずつ分析できるほどの解像度があります。

画像では、

  • ピンクの枠が大きなキャベツ
  • 青の枠が小さいキャベツ
  • 緑と黄色の枠は平均的なサイズのキャベツ

を示しています。現在はさらなる精度向上のため、全国のキャベツの画像データを集めています

このような分析データがあれば、育成状態が悪いエリアにピンポイントで効果的な対策が打てます。日本中のキャベツの状態がドローンによる画像認識で把握できるようになる日も来るかもしれません。

あわせて読みたい

「ドローン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。