記事

東南海3連動地震とインターネットの接続について

阪神大震災、東日本大震災において、インターネットの強さが実証され、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアでの情報の入手、情報の発信の重要性が認識されたのは皆さんも周知のとおりである。しかしながら、今回の東日本大地震において、関東からの海底ケーブルは大きな損傷を受け、インターネット接続が維持できるかかなりの危機的状況に陥ったことは、一部報道でご存知の方も多いかもしれないが、みなさんが知っているわけではない。

最近、減災のため、多くの自治体で、防災、減災のための調査活動が行われているが、東南海3連動地震が起こった場合、海底ケーブルの位置から言って、完全にインターネット接続が遮断される可能性はないのでしょうか。専門的見地からの調査はまだ目立ったものは出ていないようですが、リスクとしては気になります。この問題についても防災、減災の観点から専門的な調査を行ってもらいたいと考えます。

個人個人の避難に向けた情報の取得のみならず、クラウドによる接続も困難になり、企業活動がストップするリスクと事業継続、情報から完全に遮断されたときにどう備えるかも考えておくべき問題なのかもしれません。

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNSでコロナ避難 危機感募る沖縄

    小林ゆうこ

  2. 2

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナ方針 国が変更し都に圧力?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  5. 5

    東京都が休業を要請する施設一覧

    AbemaTIMES

  6. 6

    国民の理解得ぬコロナ議論は不毛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナより東京五輪重視したツケ

    WEDGE Infinity

  8. 8

    緊急事態宣言も緊迫感ない芸能界

    渡邉裕二

  9. 9

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  10. 10

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。