記事

スイス中銀、主要政策金利を据え置き インフレ予測を下方修正

[チューリヒ 13日 ロイター] - スイス国立銀行(中央銀行、SNB)は13日、主要政策金利の据え置きを決定した。

為替レートを巡る状況は「脆弱(ぜいじゃく)」だとし、超緩和的金融政策を維持した。

中銀は3カ月物ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)誘導目標レンジをマイナス1.25─マイナス0.25%で維持。ロイターのまとめた予想でもエコノミスト32人全員が据え置きを予想していた。

中銀預金金利もマイナス0.75%に据え置いた。

また、必要な場合、引き続き為替介入の用意があると表明した。

中銀は「全体的にスイスフランは依然として高く評価されており、外為市場の状況は引き続き脆弱だ」と指摘。

「マイナス金利と、中銀が必要な場合に為替市場に介入する用意が、引き続き不可欠だ。こうした措置により、スイスフラン投資の魅力を低く抑え、通貨の上昇圧力を抑制できる」と述べた。

2018年のインフレ率予測は0.9%で維持したが、2019年のインフレ率予測は0.5%と、9月時点の0.8%から下方修正した。2020年のインフレ率予測も1.2%から1.0%に下方修正した。

2019年の経済成長率予測は1.5%。2018年は推定2.5%。

スイス中銀は、欧州中央銀行(ECB)の利上げ開始までは、金融政策の正常化を見送ると広く予想されている。

中銀のジョルダン総裁は会見で「調査結果を見ると、貿易摩擦を受けて、企業が投資計画とバリュー・チェーンの見直しに動いている。英国の欧州連合(EU)離脱については、英議会の採決延期で不透明が強い状態が続いている。イタリアの財政政策を取り巻く緊張も続いている」と発言。

「こうしたリスクはすべて、金融市場の混乱につながる可能性があり、世界経済の成長を脅かし、金融政策にも影響する可能性がある」と述べた。

INGのエコノミスト、Charlotte de Montpellier氏は「インフレ予測の修正で、中銀は以前にも増してハト派的になったようだ。金融政策の正常化は当面なく、ことによると今後数年はないかもしれない」と指摘。

「スイス中銀はますます日本化しているようだ。最初の利上げまでに長い時間がかかる。利上げは2020年3月以降になる見通しで、それ以降に先送りされる可能性さえある」と述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。