記事

中国版SpotifyのTencent、米国株式市場へ上場

米国株式市場への上場したTencent Music Entertainment (Photo by Spencer Platt/Getty Images)

中国版Spotifyと言われる、Tencent Music Entertainmentは、ニューヨーク証券取引所デビューを果たし、米国株式市場への上場で11億ドル(約1250億円)を調達した。

中国版Spotifyが、数か月前より噂されていた米国株式市場への上場をついに実現した。親会社のTencentから独立した中国最大の音楽配信サービスTencent Music Entertainmentは、2018年12月12日、公開価格13ドル(約1475円)でニューヨーク証券取引所に株式を公開。11億ドル(約1250億円)を集めた。

同社(銘柄のティッカーシンボル:TME)は、米国預託証券の1株あたり14.1ドル(約1600円)以上の値がついた。公開株式の半分はTencent Musicから、残りの半分は既存株主の株式を売り出すとしていた。当初Tencent Musicは、2018年10月の上場を目指すとしていたが、中国と米国間の広範囲な貿易摩擦や米国テック株式の混乱のために延期された。

公開日に同社の株価は10%上昇し、時価総額は約230億ドル(約2兆6100億円)となった。2018年4月に米国株式市場に上場したスウェーデンのSpotifyに匹敵するが、Spotifyの株価が公開以降20%下落している事実を考慮すると、ウォールストリートはTencent Musicの動向を慎重に見守っていくものと思われる。

3種類の配信プラットフォームを運営するTencent Musicは、月毎のアクティヴユーザー数が8億ユーザーで、Spotifyの1億9100万ユーザーを大きく上回る。同社の米国における株式公開は、世界の音楽業界の健全性を計る指針となり得るため、大きな注目を集めてきた。同社の主要株主はTencentだが、2017年に実施した株式交換によりSpotifyも9.1%を所有している。2018年初めに米国証券取引委員会へ提出された趣意書によると、ワーナーとソニーも約2億ドル(約227億円)の株式を保有している。

あわせて読みたい

「テンセント」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  2. 2

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  3. 3

    桶川事件20年 警察が隠した怠慢

    BLOGOS編集部

  4. 4

    アナ雪2騒動 黙秘の電通に苦言

    やまもといちろう

  5. 5

    英語試験批判にキーマンが大反論

    NEWSポストセブン

  6. 6

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    いきステ不調 改善には社長交代?

    永江一石

  9. 9

    野村克也氏 大谷は下半身を磨け

    幻冬舎plus

  10. 10

    忘年会やめて「ボーナス増やせ」

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。